MountainLion(OS X 10.8.5)でiPhoto(9.4.3)を使い続けるために

うちでは2015年11月20日頃から、MountainLion(OS X 10.8.5)でiPhoto(9.4.3)が使えなくなった。iPhotoを立ち上げようとすると、予期しないエラーで落ちる。新規のiPhoto Libraryを作って立ち上げても、撮影地を表示しようとすると落ちる。原因は判明していて、地図表示でGoogleMapを使う際に、GoogleMapの仕様変更に追随できてない(GoogleMapがサポートを終了させている)のが原因。地図表示にGoogleMapを使わないバージョンのiPhoto 9.6.1(AppleMapを使う)だと問題なく使えているが、Yosemite(OS X 10.10.5)以上じゃないとインストールできない。Appleのサポートに問い合わせた人もいるようで、そこで聞いた対応策は「Wi-FiをOFFにする(インターネットに接続しない)」「OSを最新版にする」とのこと。

……というのが前提条件で。でも、Mac全体をネットに接続しないのも無茶だし手間だし。OSを最新版にしていないのは何らかの事情があるわけで、今さらOSを一足二足飛びでアップグレードできない。また、写真.appが出てiPhoto自体がディスコンの中で、サポートが切れた古いOS用のiPhotoのバグフィックス版をリリースしてくれる希望は0。そんな状態でも、MountainLionでiPhotoを使い続ける方法を考えます。

ポイントは「iPhotoがネットに接続できなければいい」ということ。そのために必要なのが、アウトバウンド(外向きの通信)も遮断するファイアウォール。ファイアウォール選びで参考にしたのは「Radio Silence」Macのファイアーウォール選びで迷ったらコレ! 。Radio Silenceはシェアウェアで、うちが買った時は1200円弱でした。使い方は超簡単。Radio Silenceを起動し、iPhotoを登録して、Done。これだけ。それでiPhotoが使えます。ただ副作用として、iPhotoからネットへの接続が必要なサービス(FlickrやFacebookへのアップロード、オンラインの写真の注文)は使えなくなります。

もしも、「iPhotoからGoogleMapへの接続のみを遮断」する方法があればベストなのかもしれません。そのためには、もっと多機能なファイアウォール(例えばLittle Snitchみたいな? 未検証)が必要でしょうが、値段も高くなりますし、どうも設定が難しいみたいなので、手を出していません。もしも分かる人がいたら、教えて下さい。

追記【H28.1.8】

全く別の方法がありました。某所で紹介されてました。

https://discussions.apple.com/thread/7353695

iPhotoのアプリケーションの中の「googleMap.html」と「GoogleSearch.html」という二つのファイルを削除するだけ。Finderの操作だけでできます。特別なソフトは要りません。ただし、一応アプリの改造?にあたるので、元のiPhotoアプリのバックアップは当然のこと、使用は自己責任でお願いします。

で、自分のところでは、撮影地以外は完璧に動作しています。Flickrへのアップロードなど、Googleへの接続以外にも支障ありませんでした。(Flickrへのアップロードが不安定なのは以前から変わりませんが)こんな簡単な対処方法が可能だったのかと驚きました。

YosemiteとOS X Serverの確保と移行の覚悟をしていたのですが、このまま当分の間、MountainLionとiPhotoで行けてしまいそうです。

| | Comments (8)

タブレット端末、揃い踏み 序

元からのMacユーザーなので、iPadを持ってるのは当然。奮発して大容量を買ったのに早々にバージョンアップから切り捨てられた初代iPadと、それに懲りて最小の容量を買った初代iPad miniの2台を所有。持ち歩くのはiPhoneで事足りてるので、iPad Airのたぐいは興味がない。初代iPadの当初の利用目的は家族の全写真のストックだったが、意外と重いことと持ち歩く機会も無いため、結局は自宅で子供のYoutube観覧マシンと化していた。初代iPad miniはWiFiモデルということもあり、こちらも持ち歩く機会も無く、最新iOSのテスト場になったり、漫画を読んだりゲームをする程度の使い方。

一方Androidタブレットは、安くてそこそこ良いと評判だったASUS MeMO Pad HD 7 (ME173X)を2万弱で入手。特に利用目的は無く、Android端末を初めて使ってみたいって事と、iOSで遊べないものが動けばいいなーくらいな感じ。実際には、子供のLINEゲーム機になってた。

そして先日、Amazonのタイムセールに惹かれてWindowsタブレットを購入してしまった。lenovoのMiix 2 8。Office付きで2万ちょいのWindows8.1マシン。他に持ってるWindowsマシンが全てXPなので、Windowsそのものの更新って意味合いもあり。また、仕事で使ってきたMacBook(2008年頃のモデル)も大概古くなってきたので、これを機にWindowsでやってみようと考えた。

以上が、前提条件です。iOSの更新や、Windowsの設定が概ね終わったところで、どんな感想を持ったか? それぞれ書いてみようと思います。

| | Comments (0)

久しぶり

ひょっとして、2013年は一度も更新なし?!

何もしなかったわけじゃない。RaspberryPiを買ってみたり、ついにAndroid機(MeMO PadやSIMフリー携帯)を買ったし、3Dデジカメも2013年に買ってると思うし、最近だとiPhoneに格安SIMを入れてみたりしてる。ただ、ネットで情報を見て、『確実にできること』をやってる感じなので。わざわざ自分がブログで発信するほどの内容でも無い。「詳しくはどこどこのurl参照」って書いた方が早いし確実だから。

でも。また気が向いたら書いてみよう。

| | Comments (0)

MacMiniの開腹とメモリー増設

CoreDuo(1.66GHz)だから、たぶんLate 2006だと思う。どういう経過で購入して、当初どこで使っていたのかも思い出せないが。とにかくハードディスクが60Gしかなくて、家庭用として写真を溜め込むには全く足りない(ちなみに、居間のMacMiniは320G積んでるけど、それでも最近ギリギリになってきた)。メモリーは1G入ってたので、なんとかSnowLeopard化はできて、Leopardと比べて意外と軽いので使えそうな気がするけど、それでもギリギリには違いない。

いろんな意味で限界だって事はかなり以前から分かっていて、入れ替え用のハードディスクとか、開腹用のヘラとか、MacBookのメモリーを2G→4Gにした時に余ったメモリーとか、全部準備はしてあった。伝票を見ると、どうやら2009年頃には買い集めていたらしい。でも、Leopardのまま、メールサーバー(だけ)として動かしてたので、分解して動かなくなったら困る。「動いているものは触るな」の原則に従って、放置していた。

この度、居間のMacMiniをMountainLionサーバー化して、このMacMiniはめでたくフリーになったので、心置きなく弄れることになった。

開腹の手順については、ネットのあちこちに……あったんだけど、最近はむしろ消えてる情報も有る。印刷もしてあったけど、本文がはみ出して読めないところがあったりして、なんでちゃんと確認しておかなかったのかと今更ながら悔やまれる。まあ、悔やんでいても仕方ない。今までに何度もイメージトレーニングをしていた手順で、作業を始める事にした。

結局、開腹するのに苦労した。ヘラで持ち上げるのは無理で、どこかのサイトで「背面を持ち上げるのがポイント」って書いてあったのが参考になった。ファンのコントローラや無線LANのコネクタを外して、光学ユニットを外し、基盤が露出したところでメモリーを512×2枚→1G×2枚に交換。ここまでにかなりの時間が経っていたし、初めての開腹ってことで、今日はメモリー交換だけ。カバーを戻す前に、一応起動を確認した。全部の作業を終わらすのに、約3時間掛かった。

今のところ不具合は無いみたい。Webの観覧も心なしかさらに軽くなったようだし。GarageBandのような重いアプリも動く。これなら十分使えそう。ただ、250GのHDDを交換用に準備してるけど、そもそも用途が無い。子供のおもちゃにするなら、まだ40Gも空いてるので十分。このまま使い続けてしまいそう。

| | Comments (0)

MacBook ProでMountainLionデビュー

ポリカのMacBookが不調になった。どうやらシステムファイルが壊れたっぽい。SnowLeopardをクリーンインストールすれば直るかもしれないけど、保証は無いし、データをロストするリスクは最小限にしたい。

ということで、新しくMacBookを買ってしまって、確実に必要なものを移植。その上で、ポリカMacBookを修復する方針とした。副次的に、MountainLionへの移行も果たされる、というわけだ。

RetinaのMacBookは大変に魅力的だったが…… 値段が高いのと、周辺機器へのインターフェースが新し過ぎて、うちでは互換性に問題ありそう。なので、安い方のMacBookにした。すでに使い始めているけど、これで全く問題ない。むしろ、違和感なくすんなりと移行できてる。

ポリカMacBookが不調だったので、移行アシスタントでアカウントを全部移すのは止めた。ライブラリの不要なファイルを持ってこないのも目的。でも、単なるファイルコピーでは、iPhoneの紐付が外れると困るので……OneToOneのサービスで、その辺りのデータ移行はお願いした。そのついでに、iPhoneとiCloudにまつわる設定の疑問点を、ここぞとばかりに質問しまくり。0から始めるなら失うものは何も無いけど、うちのように過去から引き継いだメアドとかいろいろあると、聞いた方が早くて確実。

MacMiniにMagicTrackpadを接続してLionで使ってたので、ジェスチャーとかはそれなりに知ってた。しかし、MountainLionでまた若干変更があった? なんか、いろいろ変わってる気がする。MagicTrackpadは膝の上で使うためにタップでクリックを有効にしていたり、3本指でドラッグにしてた。けど、それだと色々支障がある。(ドラッグの暴発とか)なので、MacBookでは標準のままで使う事にした。

MountainLionにして、全画面表示が使いやすくなった気がする。さらに、3本指スワイプでアプリを移動するのが快適。ミッションコントロールも良い感じ。すでに多くのアプリが対応してるので、困る事は無さそう。あ、でも、VMWareFusionの古いのが対応してない(起動しない)のは困るかも。買い直しかぁ。

| | Comments (1)

«Macで変体仮名を使うための方法を拾い集めた