« February 2004 | Main | November 2004 »

キャスト エニグマ

たまたまキャスト・パズルの新作が売ってるのを見つけたので、買ってしまった。
http://www.hanayamatoys.co.jp/castpuzzle/cast7.html
先週の土曜日の事だ。中に「証明写真送付用ハガキ」が入っていて、パズルが外れた証拠写真を貼り付けて送ると、粗品が貰える。その締め切りが5月31日までだから、おそらく発売されてまだ間がないのだと思う。
で、さっそく始めたところ、2日ほどで外れてしまった。でも外れたポイントが分からないまま、ホロッと外れてしまった。すると、元に戻すのに苦労するかなーと思ったんだが、戻す時も何故かポイントが分からないまま、できてしまった。
こんなことでは、パズルを解いた事にならない!!納得できない!ということで、再挑戦したら・・・今度は一向に解けない。(汗) 結局、4日掛かりました。

| | Comments (0)

VL-DC3

うちがシャープの液晶ビューカムVL-DC3を買ったのは、新婚旅行前だから6年前、1997年末か1998年の始め頃の事。ボタンが少なくて、メカ音痴の嫁でも使いやすそうな所が選んだ理由。実際使っているのは嫁ばかりで、自分のお稽古事とか、子供の成長記録とか、良く活用されている。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/970618/sharp.htm
これには一応DV端子が付いているので、初めてFireWire付きのiBookSEを買った時に、さっそく接続して、iMovieでの取り込みにチャレンジした。iBookSEを買ったのが、およそ3〜4年前だから、2000年頃。まだ当然MacOS9の時代。結果は、失敗。接続すると一旦は認識するのだが、再生しようとすると「カメラが接続されていません」とエラー表示されてしまった。
調べてみると、DV端子と言っても、対応しているのは書き出しのみで、必ずしもIEEE 1394に完全準拠しているわけではない事が分かった。確かシャープにも確認した。Appleのホームページ、iMovie対応デジタルビデオカメラのリストにも載ってなかった。つまり、無理って事じゃん。
同じ頃SONYのデジタルビデオカメラは、i.Linkという名前でFireWireに準拠した物を全面に押し出していたし、AppleのホームページでもiMovieの対応機種になっていた。そういうのを見ると、そもそもデジタルビデオカメラを買う時に、(嫁が使える事を優先するんじゃなくて)SONYを買うべきだった、と少し悔やんだのも事実。
ちなみに、VAIOだと、VL-DC3でも動画を取り込む事が出来たらしい。なんという理不尽。もうシャープのデジタルビデオは買うまいと心に誓ったのも事実。
でも、じゃあ、Macに取りこめたとして、動画編集をやったか? と言われると、絶対にやってないと思う。まず、ハードディスクの容量が足りない。処理速度も足りない。そして何より、そんな面倒な事、やりとげる根気はありません。
そんな訳で、VL-DC3からMacに動画を取り込むのは諦めて、完全に記憶から消えてました。

それが今日、iChatがバージョンアップしたのに伴い、映像チャットについて調べてみたら、iSight以外にもDVカメラでも認識されて使える物があるらしい事が分かった。そこで!ダメもとで、久しぶりにVL-DC3を接続してみた。結果は失敗。全く認識されていなかった。
やっぱりどうやってもダメなんだー、と思う一方、そういえば新しいiBook(Late2001)とMacOS XとiMovieでは、VL-DC3からの動画の取り込みをやってないような気がした。そこで、何の気なしにiMovieを立ち上げて、再生ボタンを押してみたら・・・なんとMacの画面にビデオの画像がっ!音声が! そのまま、取り込みも出来た!!
つまり、OS X(Panther)になって、いつの間にやら対応機種が増えていたって事?
実際の所は良く分からないが、とにかく取り込みが可能になったって事は、めでたい!! こんなところでも、Pantherにして良かった、と思うのであった。
それと、動画取り込みが出来ない事を理由に、デジタルビデオカメラを買おうかとも思っていたのだが。わざわざ買い替える理由が無くなった。

ただ、今、手元にある機器だと、動画を編集してもDVカメラには書き戻せないし、DVDにも焼けない。ビデオCD?では互換性と容量的に大きな問題がある。だからもしも動画を編集するなら、やっぱり書き戻しが出来るデジタルビデオカメラを買うか、 Macで使えるDVD-Rドライブを買うか、スーパードライブ内蔵のMacを買うか・・・なにがしかの投資が必要になりそうな予感。

| | Comments (1)

« February 2004 | Main | November 2004 »