« November 2004 | Main | January 2005 »

独裁国家か?

混合診療問題 首相、厚労省案説明に納得せず

保険外診療と保険診療を両方受けても保険対象部分は適用が認められる「混合診療」
↑今日の本題とは違うんだけど。こうやって書くと、「混合診療」が素敵なものに思えるじゃないか。(笑
実際には、
保険対象部分を狭めて保険外診療も受けざるを得なくする「混合診療」
なのになぁ。
お金がある人は、どんどん高度な治療を受けて下さい(自費で。国のお金を使わずに)。
お金がない人は、コンビニで適当な薬を買いなさい(国の金を使うなよ)。
と、官僚が言っているのが聞こえるようです。

まあ、いいや。(良くないけど)

それよりも、

これに対し、混合診療解禁の方向で検討するよう指示した小泉首相は、規制改革・民間開放推進会議が求める「一定水準以上の医療機関での混合診療の解禁」について「なぜだめなのか」と引き続き、厚労省側の説明に疑問を呈した。

まだ自分の意見を押し通さないと納得できないんですかね?
衆参両院の本会議で解禁反対の請願が採択された意味が分からない? 認知障害って事か?

| | Comments (0)

患者の気持ちは

医療機関情報の読み方-混合診療議論から見る医師会・厚生労働省・患者

下記の3者で議論しているが、患者の代表は無い。
1.医師会      医者の代表     
2.厚生労働省    官僚
3.規制改革会議   オリックス会長(首相指名)

『患者の代表は無い』か。なるほどなぁ。
とはいえ、患者の望むものって「より良い医療を、より安く」だったり、「金に糸目はつけないから、高度な医療を」とか、「乳児医療はタダにして」とか・・・
『代表』とやらがまとめるのは無理でしょう、どう考えても。
だとしたら、どの団体がより患者の気持ちを汲んでいるのか、考えた上で支援して欲しいものだ。

官僚が考えている事は、
1.自分の支配力を強くしたい(着々と進めてるしね)
2.国家予算を払いたくない(患者負担の割合を増やしたいってこと)
3.国民の健康なんて関係ない(何かあっても責任取らないし、責任取るとしても税金から払うだけでしょ)

金融屋の考えている事は、
1.医療分野に乗り込みたい(新しい「市場」と考えてる)
2.どんどん儲けたい(あらゆる形で、患者に金を払わしたい)
3.患者は搾取する対象で、医者はそのための道具、上前を撥ねるのは自分

医師の考えている事は、
1.これ以上診療報酬を削らないでくれ(経営が成り立たん)
2.患者負担を増やしたくない(患者が受診しなくなるから)
3.診療に専念させて欲しい(お金の事で悩みたくない)

なんだけどなぁ。

| | Comments (1)

Caminoも一長一短

前回、「今はFirefoxを併用してます。」と書いた直後、久しぶりにCamino(0.8.1)を試してみた。・・・使うのを挫折した理由を思い出した。
国際版(日本語リソースがあるもの)もあって、最初は問題なく日本語も表示されるんだけど。環境設定から日本語フォントを変更しても正しく登録されず。最後には、表示がぐちゃぐちゃに壊れてしまうのだ。
ブラウザの選択肢が少なかった以前と比べて、今はいろいろ選べるし。実際の所Firefoxのデキが良いので、Firefox常用で全然問題ないんだけど。折角なので、少し調べてみた。

それによると、日本語のフォントが環境設定で設定できないのは、FAQらしい。解決策は3つ。
1.Camino ExtraFontsを使う。
2.user.jsを、テキストエディタなどで自分で編集する。
3.どこかから、お奨めのuser.jsを拾ってくる。
みたい。
私は、3.→1.→2.と、結局のところ全てのステップを踏んで・・・ようやく満足の出来る設定になりました。

使ってみると、久しぶりに「爆速」を実感! 表示も微妙に早いけど、それよりもスクロールがスムーズで早いのが気持ち良い。(Safariも最初はこんな感じだったのになぁ。)
Cocoaとの親和性も良いし、こりゃ是非、デフォルトのブラウザにしよう・・・

・・・と思って、これを書き始めたんだけど。そこで問題発生。変換の同音語を選ぶウィンドウが右上隅に出るじゃん。_| ̄|○
それに、再変換が出来ないし。(全角スペースの上書きになっちゃう)

「これはGeckoの問題かも?」と思って、Firefoxに戻って試したら、Firefoxではどちらも問題なし。Safariも当然問題なし。
うーむ、Camino、ブラウジングだけなら最強なのに、残念!

| | Comments (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »