« March 2005 | Main | September 2005 »

ゼルダ歴

昨日、「ゼルダの伝説 4つの剣+(GC版)」をクリアーした。ワゴンセールで安く売っていたもの。本来は4人で遊ぶ物を1人で遊ぶのは邪道?と思っていたけれど、始めてみたら面白かった。4人に分かれて解くパズル要素が新しくて良かったけど、場面はわずかで、ほとんどは4つのボタンを押す程度だったのは残念。
新しいステージに入るたびにハートの数が初期値に戻るのが、「成長してないじゃん!」と最初は気になったけど。弱くなる事で新鮮な緊張感が生まれるし、前のステージでのやり残しを気にせずに進める事が良かった。
最も良いのは、スーパーファミコンの様な2Dで見下ろしのゲーム画面。そこに無理なくGCならではの綺麗な演出が追加されている事。

私のゼルダ歴は、スーパーファミコン版の「神々のトライフォース」が最初。むしろ、それしかやってなかった。
一方嫁は数年前、妊娠・出産前後にN64で「時のオカリナ」と「ムジュラの仮面」をクリアー。嫁が攻略本を見ながら解いているのを見て、「面倒くさそう」と思ったので私は手を出さなかった。
その後、GC発売、嫁がやるかと思って「風のタクト」を購入したが、結局は私のみがクリアー。面倒だった・・・けど、画面が綺麗で面白かった。
「風のタクト」の初回特典で「時のオカリナ」とその裏バージョンが付属していたので、いざリベンジ!とばかりに始めたが・・・すぐに挫折。理由はいくつかあって、

  • 3D酔い
  • 視界が狭い
  • Z注目で思った方向が向けない、見れない
  • 攻略本を見ないと進めない
  • グラフィックが分かり辛い

など。いずれも他のゼルダでは感じた事が無い事ばかり。名作との評価もあるらしいが、残念ながら私は諦めた。

その他は、「不思議な帽子」、「木の実(大地/時空)」、「夢見る島」と、順番を遡ってクリアー。やっぱりゼルダは2Dが面白い!を実感。そして、最初に書いた「4つの剣+」をクリアーした次第です。

2Dで時代に遡ってる流れで、ファミコンミニの「ゼルダ1」を買ったんだけど・・・すでにファミコン画質では耐えられない自分がいた。次にどっちへ行っていいのか分からない、という自由度も、今では逆に苦痛。

新作のゼルダは、リアルな3Dらしいけど・・・。私としては、可愛い2Dのゼルダを出して欲しいな。

| | Comments (0)

« March 2005 | Main | September 2005 »