« January 2006 | Main | March 2006 »

権力ある側が何かを隠すのは簡単だ、という例

asahi.com: 民主・前原代表、党首討論で新証拠示さず メール問題 - 政治:

「確かな証拠があれば(国政調査権を)行使することにやぶさかではないが、その前に本物だという証拠を出せば分かる」

これって、逆なんじゃないの?
口座番号が本物であることが調べて確認されれば、それが証拠になるし、メール(の内容)が本物である確認にもなる。

実際の所、メールの真偽を証明するのは難しい・・・と云うか無理でしょう。人が死んでる事件で、情報のリーク元の人間の安全確保がされなければならないが、それが出来るのも政府側の協力があってこそ。しかし、政府(自民党)が自分に不利になる事に協力するはずが無いし。むしろ小泉秘密警察はまさに暗殺者そのものではありませんか。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

本当に政府(自民党)にやましい事が無ければ、前原代表が言う通り国政調査権を使って、民主が握ってる口座番号を調べれば良い。しかし、それができないのは、やましい事があるからだ。つまり、ホリエモンからの入金があった可能性があるわけだ。
ひょっとしたら、入金があった事が自民の内部調査で判っていたから、調査をさせないと言い張ってるんじゃないの?とさえ思える。

| | Comments (0)

厚生省の嘘を見破れ!

「混合診療」拡充 内視鏡がん手術も対象 (産経新聞) - goo ニュース:

厚労省、「保険外併用制度」を導入

 厚生労働省は十八日までに、保険診療と自己負担となる保険外診療の併用を認める事実上の「混合診療」を拡充するため、高度先進医療や差額ベッドなどに限って例外的に認めている現在の「特定療養費制度」を廃止し、新たに「保険外併用療養費制度」を導入することを決めた。 

 これまで混合診療の対象でなかった内視鏡でがんを切除するなど難易度が中程度の先進医療(中度先進医療)や、治験中の国内未承認薬なども対象に加える。今国会に健康保険法改正案などを提出、成立すれば今年十月から実施する。

 現在の公的医療保険制度では、診療の中に少しでも保険外診療があると、本来は保険が適用される診療も含め全額患者負担となる。ただ、臓器移植など「高度先進医療」と、差額ベッド代や義歯の材料費、予約診療といった「選定療養」は特定療養費制度とし例外的に保険医療と保険外医療の併用が認められ、事実上の混合診療となっている。

 新たに導入される保険外併用療養費制度は、混合診療の対象範囲を広げることを主な目的としている。具体的には、近い将来の保険適用を前提とした「評価療養」と「選定療養」の二分野で構成する。

 評価療養には、特定療養費制度の適用を受けていた高度先進医療に、内視鏡がん手術などの中度先進医療と、抗がん剤など治験中の国内未承認薬を新たに加える。

 選定療養には、現行でも認められている差額ベッド代などのほか、腫瘍(しゅよう)マーカー検査など保険で定められた回数を超えると超過分だけでなく全額自己負担となっていた医療行為を含める。

 評価療養のうち、中度先進医療について厚労省は、約二千の医療機関で百程度の技術が新たな対象になる(一部は既に認定済み)とみており、対象範囲が大きく広がる。

 また、治験で安全性が確認されてから保険適用が決まるまでの間に未承認薬を使用した場合、これまでは保険対象部分を含めて全額自己負担になっていたが、保険診療との併用が可能となり、新薬の投与に伴う患者の経済的負担が軽減されそうだ。

リンク先がなくなると意味不明になるので、全文を引用しました。

特に最後の部分、

新薬の投与に伴う患者の経済的負担が軽減されそうだ。

だけ見ると、まるで患者負担が減って、良い事のように思えてしまいますが・・・騙されてはいけません!!これは、「登録無料」とか謳っておいて、退会にお金がかかったりする悪徳出会い系サイトと同じような悪質さです。
そもそも、名前を微妙に変えて分かりにくくしてるのが胡散臭い。(悪徳出会い系サイトと同じ手法)
そして、自分(この場合は厚生省)にとって都合の良い所ばかり強調して、都合の悪い事は一切書いてない。

とりあえず、例に挙げられている項目について個別に判断すれば・・・

  • 内視鏡がん手術は保険適用にすればいいのです。そうすれば、患者負担が安く受けられる。
  • 抗がん剤は承認を早くして、早く保険で使えるようにすれば良い。治験も同様。
  • 腫瘍マーカーは、現在の保険はむしろ制限が厳し過ぎるので、もっと緩和しで医師の裁量で検査できるようになるべき。当然、すべて保険で。

何故そうしないか?理由は、国が払う分「医療給付費」を減らしたいからです。

簡単に図にして見ましょう。
□,△:患者の自己負担
■:国が払う分(でも、元々は保険料や税金=患者が払ってる分)
です。

1)自由診療:△△△△△△△△△
2)保険診療:■■■■■■□□□

これを ↓

3)混合診療:■■■■□□△△△△

って感じにしたいのです。
1)と3)の□,△を比べれば、確かに自己負担は減っています。これが記事で書かれていた所。
しかし、それよりも政府の狙いは、■を減らしている所なのです。これは記事には具体的には書かれていませんが。つまり本来保険で補うべき所をどんどん保険から外して、保険外診療=つまり△に追い出してしまおう、全額患者の負担にしてやろうって魂胆なのです。この騙しの手口、悪徳出会い系サイトと同じでしょ?

みんなが必要としている医療までどんどん保険から外す・・・という事は無いと思いたいです。ですが、現実に上記のように保険適用を狭めている姿勢があるわけですから、将来(近い将来)保険は抜け殻になる恐れが、今回の件でますます強くなりました。
一気に進めないーーーなぜなら、一気に進めると反発が来るから。徐々に、徐々に真綿を締めるように、息を殺していくーーーそんな感じです。巧妙で、ずる賢くて、本当に憎い。(憎い相手は、厚生省の役人と小泉です。こいつらが元凶なのですから。)

ちなみに。「トータルの費用が増えているなら、医者は儲かっていいな」と思ったとしたら、それも間違い。今の保険診療はそもそも採算無視の限界底値。そして、最も重要なのは、混合診療によって増えた分を、サラ金オリックスや外国資本の儲けにさせようと狙ってるって事です(特に売国奴の小泉などが)。これが妄想だと思うのなら、相当毒されてます。もしくは無知過ぎます。一度きちんと冷静に今の政治の流れを勉強すべきです。

現在の公的医療保険制度では、診療の中に少しでも保険外診療があると、本来は保険が適用される診療も含め全額患者負担となる。

こんな風に書いてあると、混合診療の方が良さそうって思っちゃいますよね。これは記事の書き方が悪い。というか、厚生省が嘘をつく意向に添った書き方です。マスコミも嘘の片棒を担いでいるのです。
若干繰り返しになりますが、「本来はすべての医療に保険が適用されればいいのです」そうすれば、みんなが安心して病院に掛かれるし、将来の不安も軽くなる。

でも、土建屋と癒着して、公共工事をばんばんやって、税金を無駄遣いしてる間はダメです。

| | Comments (0)

嘘つき小泉の被害がまた一つ

asahi.com: 郵便集配1000局で廃止 公社方針 - ビジネス:

政府は民営化に際して「原則として過疎地の郵便局は維持される」(竹中郵政民営化担当相)と公約していたが、集配停止で実質的なサービス水準が低下する地域も生じると見られる。

ほら見たことか。
小泉を支持してた馬鹿者共も同罪です。首吊って(ry

| | Comments (2)

本当に安全管理に必要な事

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <滋賀園児殺害>幼稚園が保護者会 グループ送迎を休止:

複数の園児を保護者1人が付き添う「グループ送迎」を当面の間休止し、個別送迎にする方針を示した。

もしもこの措置で問題が全て解決すると考えるとしたら、それは大間違いだ。
確かに、「今回の(特殊な)事件」の再発を予防する事は出来るかもしれない。でも、今回と同じ事件がそうそう起こるとは思えないし、むしろ起こるようだと日本人の心は相当蝕んでいる証拠だ。(あ、今回の事件は中国人だったけど)
例えば個別送迎になったとしても、狂った母親が包丁を隠し持って、子供を送るのを装って幼稚園に侵入し、そこで無差別殺人を始めたら・・・。突発的に刃物を振り回し始めたら、絶対に(少なくとも一人は)被害者が出るし、取り押さえるのは容易ではない。
池田小学校の事件(池田小児童殺傷事件)と今回の事件がミックスしたような事件が起こる可能性はあるわけだ。
余談だけど。池田小学校の事件では学校側や市の安全管理責任を問われたような記憶がありますし、今回も幼稚園側や関係機関が、同じような問題を突きつけられてたようだけど。(被害者から見て)突発的に起こされる事件に対して、全く完全に安全な方法なんてないんだから。犯人以外の責任を問うのは酷だ。憎むべきは犯人。犯罪を許さない、そして再犯を絶対にさせないようにするのが、犠牲者への弔いであり、次世代の安全管理に絶対に必要。

| | Comments (0)

絶対に許されない罪

園児二人がグループ送迎の際に中国人に惨殺された事件について。ニュースの詳細は取り上げないけど・・・。同じくらいの年齢の子供を持つ親の気持ちとして見れば、絶対に許せない
中国人だからとか、言葉が通じないとか、他の人と馴染めなかったとか、グループ送迎がイヤだったとか、言い訳じみた話が聞こえてくるけど。そんなのは子供を殺す理由として正当性はない。同情の余地さえ全く無い。
言葉の壁は別に日本に住む中国人だけのものではないし。異国の地で生きて行く事にしたのなら、当然分かっていた事。言葉は習えばいい。また、コミュニケーションが取れるかどうかは、言葉だけじゃなくて、その人の姿勢の問題だ。日本人同士でも会話が成り立たない人もいる。言葉が若干通じにくくても、むしろ通じにくいのが分かってるからこそ積極的に、他の人と馴染もうとしないと。それが出来ないからって、他人を憎むのはお門違い。
本当に言葉や習慣の違いが乗り越えられなかったのなら、中国へ帰ればいい。むしろ、帰る所があるだけマシだ。もしも当事者が日本人だとしたら(日本でも地方によって習慣が違うのだから、可能性はある)どこにも戻る所はない。
グループ送迎がイヤとか言い出すのも、中国人だからとは限らない。幼稚園から指示された事がイヤだからと言っていちいち子供を殺していたらキリがない。
なんだか、犯人の不幸な境遇を取り上げて、周囲を悪者にしようとする報道もあるけど。周りはいい迷惑だと思う。「グループ送迎に問題はなかったか?」とか聞いてるマスコミがいたけど。近年、不審者に園児が殺される事件があったからこそグループ送迎が行われているのは分かり切ってるのに。結果だけ見て鬼の首を取ったように問い詰めるマスコミって何様のつもり?あんなこと質問してる記者は、自分の子供をニートにして、ずーっと家に閉じ込めておくといいよ。ァ '`、'`、('∀`) '`、'`、
閑話休題。
最近のほとんどの殺人事件では必ず「犯行時の責任能力」が問われる事が多くて、特に今回も犯人に精神科の通院歴があるって事で精神鑑定とかされるんでしょうが。もうね、そんなのを理由に減刑でもされたら、納得できません。猟奇的事件を起こす人が、(その瞬間にせよ)まともであるはずないんだから。まともでないから責任を問えないっておかしいでしょ。
「精神病患者の差別」とか、多分その辺の問題で、精神疾患への減刑や責任能力の判定とかが行われてるんだろうけど。むしろ特別に扱われるから差別される。精神病患者は犯罪率が高いから特別なんだろ?って誤解される原因になる。他の人と同じルールで生活してこそ、真に平等に社会に参加してると言える。
それより何よりもっと単純にーーーいかなる理由があろうと、罪を犯したら償うーーーって事でいいじゃん。少年だろうと、精神病患者だろうと、外国人だろうと。

| | Comments (0)

いつまで馬鹿小泉の言葉遊びに付き合うつもり?

Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 反省すべきは「待ち組」首相、猪口少子化相ら造語で:

小泉改革の結果として「勝ち組」と「負け組」の二極化が進んでいるという批判に対抗するため、小泉首相や猪口少子化相が「待ち組」という言葉を使い始めた。

もう、このブログのタイトルで言い尽くしてるんだけど。
それでもやっぱり、言葉遊びに騙されちゃう愚民が大勢いるから、支持率が高いんだろうなぁ。

| | Comments (0)

明確にできる採用基準?

asahi.com:採用基準「明確でない」61%、学生の不満を企業知らず - 暮らし:

企業が欲しがる人材、それは・・・
『企業の利益になる人』

結局の所、給料以上に仕事をしてくれる人が有能、給料以下の仕事しか出来ない人は無能って言えるわけで、当然の事ながら有能な人を採用したいに決まってる。その有能さ加減ってのは、学校の成績で決められるわけでもないし、簡単に何かで数値化できる物ではない。面接した瞬間に感じる『何か』が採用するきっかけになる事だってある。
・・・というように、採用の基準なんてもともと明確にできるものではない。

これくらいの事、ちょっと考えれば分かるんだから、「採用基準が明確でない」と不満を言う学生こそ、企業の考えが分かってない甘ちゃんだと思う。「NHK見てないから受信料払わない」とか「義務教育だから給食代払わない」とか「年金貰うつもり無いから掛け金払わない」って言っちゃうのと同じくらい、社会性が乏しい。
しかし、そんな人が61%もいる!って事は・・・企業の人事担当者は大変だ。

| | Comments (0)

郊外出店規制に関して、本音をえぐり出そう

2月2日のWBS、AEONの岡田社長が出演し、「大型店の郊外出店規制」について意見を言ってました。生活に関わる問題だから、政治(県)が決めるんじゃなくて、住人の意見によって決めるべきだ、という主張でした。規制されなくとも、郊外だけじゃなくて市街地にも出店するので、街の活性化になるって。
・・・んーと、でも、なんか違和感。

まず、「大型店の郊外出店規制」が出てきた背景には、郊外の大型店によって市街地が空洞化してきた問題があるわけですが。

1. AEONの岡田社長は市街地が空洞化する原因を作った張本人(の一人)じゃありませんか。

そんな人が、住人の代表みたいに、住人の意見を代弁するみたいに

2.住人の意見によって決めるべき

なんて言っても、説得力が無い。本当に街の事を考えて言っているのか?と。

3.市街地にも出店する事で街が活性化する

っていうのは、確かに大型店に人は集まる事で一見人通りが増えるが、お客は大型店に集中して、市街地の他の小売店の客を奪うだけじゃないか。結果、郊外店でも市街地の店舗でも、大型店で一人勝ちしたいだけなんじゃないか!って思えるのです。

真意は見えています。本音は、自由に出店できなくなるので反対なんです。ただ、「自分の(自社の)利益の為に」反対って言うと印象が悪くなるので、言わない。「規制緩和」とか「住民が決める」とか「街の活性化」ってのは聞こえが良いですから。それらを隠れ蓑に、自分に不利益な法案に反対してる。そして最終目標は、郊外でも市街地でも、大型店で利益を独占する事。街の活性化や、自分以外の小売業、商店街とかがどうなろうと関係ないのです。

規制緩和すると、市場経済でいわゆる「神の見えざる手」によって需要と供給のバランスが取れる・・・と言われますが。昨今の、大型店の過剰ぶり、コンビニの過剰ぶりを見ると、きちんと「見えざる手」が機能しているとは思えない。明らかに過剰。街にとっての必要性とかお構いなし。まるで陣取りゲーム。地元の小売店を潰し、ライバルを潰し、自分たちのチェーン店で地域を埋め尽くさんばかり。
ローソンとセブンイレブンが隣り合って建ってるようでは、全く神の手はなにをしてるんだろう?
自律的に「地域にとって必要な出店」が出来ないのであれば、はやり政府によって規制すべきです。

何でもかんでも「官から民へ」と強引に進めてきた小泉が、ここへ来て「官による規制」を行おうとしている事も、注目すべきです。つまり、何でもかんでも「官から民へ」すれば良いのではない!という実例/証拠なのです。いや、ちょっと考えれば分かりそうな物なのです。何でもかんでも民間に任せればいいなんて、思慮が無い、むしろ無策だって。小泉を叩くなら、「『官から民へ』は嘘だったのか!」ってこれこそ叩き甲斐の有るネタだと思うのですが。マスコミはスルーですね。マスコミはすでに判断能力/批判能力を失ってますから。いや、ひょっとしたら小泉秘密警察に殺されるのが怖いのかもしれません。
閑話休題。何が言いたいかというと。今度はスーパー業界を敵に回して、大型店の出店規制をしようとしてる小泉は、ただ敵を作って注目を浴びたいだけなので、応援してちゃダメって事です。

| | Comments (0)

厚労省は、入院できない未来を作ろうとしている

asahi.com:療養病床15万床に削減、2012年度までに厚労省方針 - 暮らし:

医療の必要度が低い「社会的入院」を減らして医療費の伸びを抑制する狙いだが、施設の転換が円滑に進むかや、患者が必要な医療をきちんと受けられるのかなど、今後、議論を呼びそうだ。

議論を呼ぶっていうか・・・こんな根拠の無いでたらめな方針、きちんと反対の声を上げていかないと、将来どんどん不幸になりますよ!

この方針(「社会的入院」を減らして医療費の伸びを抑制する狙い)の一環で、今は病院に3ヶ月しか入院できなくなっています。よっぽど儲けを度外視してる良心的な病院でも、せいぜい6ヶ月です。これ以上は、どうやっても完全に赤字になるように診療報酬が決められています。予算を決めるのは結局、政府です。政府がそうしろって言ってるのです。
ここでしばしば誤解されるのは・・・「病院が儲からないから、早く退院させるんだろ」って思われてる事です。未だにこんな誤解をしている人は、一度自分で調べてみるといい。どれだけ多くの病院が赤字で苦しんでるかを。
儲からないってレベルではないんですよ。赤字になっちゃう。病院の存続に関わる問題です。つまり、「これ以上入院させるな。さもなくば潰すぞ」っていう政府からの圧力&ペナルティなんですよ!

病院関係者は、患者さんの家族から言われて苦しんでるはずです。「なんで3ヶ月しか置いてもらえないんですか?」「お願いします、もっと置いて下さい」「寝たきりのおじいさんを、次はどこへ連れて行ったらいいんですか?」「受け入れてくれる病院が見つからないんで、どうしたらいいんでしょう?」そういって、家族は涙を流しています。

病院関係者の本音としては、明らかに治療が必要な患者を追い出さなくてはならないのは断腸の思いのはず。しかも「3ヶ月」であることに、医学的な根拠なんて無いんですから。ただ政府が「予算的な理由で」そう決めてるだけ。
しかも、この「3ヶ月」の縛り、政府から患者に説明するのではなく、(本音としては患者を追い出したくない)医療関係者の口から説明しなくてはならない。何でしょう?この理不尽さ。

逆に言えば、政府は自分の懐具合だけ気にして勝手に制度を決めて、面倒な説明は医療機関に押し付け、しかもペナルティも与えてる。ってこと。これは、今の政府の医療に対する姿勢そのものです。

そもそも、「社会的な入院」って悪なんですか? どうして悪なんですか? それは、医療費が掛かるから? ーーーたぶん、医療費が掛かるものは全部「悪」なんですよね?小泉さん。p
しかし、実際に家では看る事が出来ずに入院を必要としている人達がたくさんいて、苦しんでる。「社会的な入院」を必要としている人達がいる。そして、今後、急に減ったりはしない。なのに、ベットだけ減らしてどうするんですか?

ある人が恨めしそうに言ってました。
「小泉、自分が病気になって思い知るがいい」
もちろん、小泉も例外なくたらい回しにしてあげないとね。政府の方針に従って。

| | Comments (0)

人口減が心配なら、せっせと子作りしろよ!!

asahi.com:人口減「心配」81% 年金行き詰まりに不安 本社調査 - 暮らし:

今後の日本の人口については、「増える方がよい」が46%、「今ぐらいがよい」が44%で、「減る方がよい」は6%だった。

人口が減るといっても、高齢者の数は増えて、若い人の数は減るわけだから、結果的には若い人一人が支えなければならない高齢者が増えるって事。・・・そんな話は、もう随分と昔からイラスト入りのポスターで警告されていたわけですが。何をまた今さらニュースにしてるんでしょう。
「増える方がよい」なら、どんどん作って下さい!!「今ぐらいがよい」にしても、夫婦で少なくとも二人は産まないといけないんですよ。
「減る方がいい」とか言っちゃってる日本の将来の問題が分かってない人は・・・もう年金を受け取らなくていいです。

| | Comments (0)

テレビの宣伝に騙され過ぎ

asahi.com:大豆イソフラボン、妊婦さん取り過ぎ注意 - 暮らし:

この手の「健康食品」、いつまで踊らされれば気が済むんでしょうね?
ーーーどこかのテレビが目新しい栄養素を持ち上げて、バンバン特集を組んで、それに乗じたサプリメントが発売され、さらに「サプリメントが人気」とかテレビで放送して、相乗的に消費者を煽るーーー
その様にして現れては消えた「健康食品」が、今までにどれくらい沢山あるんだろう? そして、どれだけの金額を消費者から吸い上げているんだろう? あんなのは、テレビと業者がグルになって商売してるんですよ。視聴者はカモなんです。
それらの「健康食品」の多くは、結局の所、テレビやマスコミが宣伝していたほどの効果を上げられず、やがて忘れ去られて消えていきます。また、今回の例のように、過剰摂取に対する注意勧告が出て、廃れていきます。
しかし、不思議な事に、しばらくすると、またゾンビのごとく出てくるんですよね。そして、同じ事の繰返し。

そもそも、マスコミの言うことを鵜呑みにしてる時点で、どうかしてます。

「タマネギは血液サラサラになるから」と言って、さらしタマネギを山盛り食べたりするーーーそういう行動をしてて、何か疑問は持たないんでしょうか?

戦後ならいざ知らず、今は普通の食事を食べてれば、過剰になる事は有っても、栄養が不足する事は無いはずです。いや、「普通の」食事のバランスが崩れているのだとしたら、それはそれで別の問題。大問題。
1日3食(+おやつ)で、昔ながらの日本食を食べていれば、野菜中心の食材で、ちゃーんと納豆も出てくるし、それで十分なんですが。無理なんでしょうかね?

| | Comments (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »