« September 2006 | Main | November 2006 »

サラ金が巨額赤字・・・で喜んではいけない!

Sankei Web > 経済 > アコム、アイフルが巨額赤字に転落へ(10/30 15:55):

グレーゾーン金利問題で、利用者から多額の返還要請が発生すると見込まれることから、両社とも利息返還などによる損失引当金を特別損失に計上した。

「巨額赤字に転落」だけ見て、ザマーミロ!と思った人・・・残念でした。
これは、まだ払ってもいない(払うつもりも無い)返還用のお金を、とりあえず赤字として上げただけです。だから、最終的に払われなければ、がっぽり丸儲け。しかも、一旦は会社は大赤字って事になってるので、しばらく法人税も免除される・・・という、つまり脱税目的でもある。赤字とニュースになる事で、同情を集める効果も期待してる。
いやぁ〜もう、本当にサラ金ってあくどい。

しかし逆に考えれば、グレーゾーン金利でそれだけ余分に返済させられるって事ですわ。ですので、もしもサラ金から借りてる人は、どんどん返還要請をしましょう!! 損失引当金がすっからかんになるまで、返還要請をし続けましょう!
それに。これは、違法な金利でこれだけの金額、暴利をむさぼってたと自白しているようなものですから。損失引当金と同等かそれ以上の反則金を課せばいいのです。キセルの罰金みたいに、3倍課してもいい。
そして、今後こんなことが起きないように、グレーゾーン金利はすっぱり違法として罰則も含めて法律で決めるべきです。

| | Comments (0)

日大の不正乗車問題

Sankei Web > 社会 > ラグビー部員も…日大の不正乗車、61人に(10/28 01:42):

日本大学サッカー部の部員らが常習的に京王線で不正乗車を行っていた問題で、不正を行っていた部員は全体の約8割に当たる43人に上ることが27日、日大の内部調査で分かった。ラグビー部員18人も同様の不正乗車を繰り返していたことも新たに判明。不正が蔓延(まんえん)していた実態が改めて浮かび上がった。日大は同日、京王電鉄に調査結果を報告し、謝罪した。

キセルはいかん。「儲かりさえすれば脱法行為も構わない」みたいなホリエモンや村上ファンドが出てきた背景に、ルール・モラルの軽視があるのは間違いない。教育の現場なら尚更厳しく、大学生ともなれば責任も取れる。

・・・しかし、その一方で。

学割は学生らが通学に使う場合などに限って認められ、クラブ活動などには利用できない。

ちょっと待て、と。クラブ活動も、教育にとっては重要な要素ではないのか? 仲間達と共通の目標に向って努力・協力するのは、授業だけでは決して学ぶ事ができない、大切な事だと思いますぞ。
「サークル活動」って言うと、イメージ的に「お遊び的」な印象があるんで、どこまでをクラブ活動とするかの線引きは必要だけれど。大学の公認で、大学の名誉をかけて活動してるものについては、授業の一環であるととらえて、学割を適用させるべきだと思う。

| | Comments (0)

交通費を出すのが、少子化対策の一環?!

Sankei Web > 政治 > 産科医不在地域 妊婦の宿泊・交通費に補助金(10/29 02:22):

厚生労働省は28日、少子化対策の一環として、近くに産婦人科がなく、遠方の医療機関を利用せざるを得ない妊産婦が、出産が近づいて医療機関近くのホテルなどを利用する際の宿泊費や交通費を助成する制度を新設する方針を決めた。

 ええっと、これってどういう事なんでしょう? もちろん、産婦人科の減少で困ってる妊婦さんに何らかの救済は必要ですけれど。交通費・宿泊費を出すって、助成のベクトルが間違っていませんか? 産科医の処遇を改善したり、手当てを増やしたり、産科医を増やすための努力ってのはしないんでしょうか?
 それとも、ほんの少しでも医師の待遇をよくするのがイヤ!って事なのかなぁ〜〜。

 また、この助成制度を使えるなんて限定的にだろうから、(診療報酬で全国の産科の報酬を上げるよりも)財政負担は少ないでしょう。しかも、地方と折半だし。

助成制度は妊産婦の精神的、経済的な負担を軽減するのが目的。

 国の経済的負担を軽減するのが最大の目的でしょ。

| | Comments (0)

複雑怪奇な携帯電話の料金プラン

 携帯電話の料金プランが複雑すぎて、分かりません・・・。
 ソフトバンク(旧Vodafone)が新しい料金プランを発表しました。「携帯電話の料金は複雑すぎる」と言っておきながら、他社の(複雑と批難した)プランを全部丸抱えして、さらに独自の(ちっさい文字の注意書きがたくさん書いてある、さらに複雑な)プランを用意して・・・えーっと、何がしたいんでしょう? (^^; 「月額2880円でソフトバンク同士の通話無料!」って見た時は、おおっ!WILLCOMより安い?! と驚きましたが。詳しく見ていくと、罠がいっぱい・・・。どこらへんが罠と思ったかは、各人で契約内容をしっかり見て貰った方が良いでしょう。いやいや、その上でソフトバンクが安い!と思えば、契約するのは自由ですから。

 母の携帯をTU-KAからauへ機種変更する時も、MNP前に番号継続できるとは言いつつも、手続き的にはTU-KAを解約してauに新規加入する形だったそうで。auの料金プランもちらっと見ましたが・・・orz。何をどうするとお得なのか、さっぱり分かりません。まあ、母の場合は電話をかける事はほとんど無いので、基本料が一番安そうなのを選んだはずです。
 一方、私が使ってるWILLCOMのプランも、負けず劣らず複雑。いや、比較的単純な方だと思うのですが。ホームページの説明を読んでも迷う事があって、わざわざ116に問い合わせの電話をしたくらいです。何を迷ったって、電話機でネットする時と、PCに繋いでネットする時の、パケットの違いというか、接続先の違いによる通話料の違いですね。なにせ、間違えて通話し続けてると、最悪すごい通話料を請求しかねませんから。

 こういうものは、すべて「契約」ですから。契約内容を良く確認して利用しましょう。

| | Comments (0)

わが家の携帯遍歴

 うちは、家族がみんなバラバラの携帯電話を使っています。私はWILLCOM(元はDDI-Pocket)、嫁はVodafone(元はJ-PHONE、今はSoftBank)、母はau(元はTU-KA)。「元は」と書いているのは、それぞれ契約した時のキャリアで、つまり利用期間が長いってことです。

 名古屋で私が使う携帯を探して、J-PHONEの(今では有り得ない)最安プランが終了する直前に駆け込みで加入。月額1600円で無料通話が600円分。これより安いプランって、無いでしょう。Vodafoneの時に東芝のテレビ付きの携帯に機種変更して、嫁の電話になりました。SoftBankが新しい料金プランを発表しましたが、既存のプランを強引に反故にしないかぎり、月1600円で使い続けます。
 DDI-PocketのPHSは、元々は母が使うために買いました。あの頃はまだ「簡単ケータイ」とかが無くて、ボタンや画面の文字が小さかったんだと思います。その中で、一番シンプルだったのが、オモチャみたいなピングーのPHSだったのです。PHSのプランが比較的安かった(標準プラン+年間契約で月2300円くらい)のも選んだ理由です。それからパナのルモテに機種変して嫁が使ってました。さらに、嫁がVodaになるのと交換で、W-ZERO3に機種変して私が使っています。(さらにその後、nico.へW-SIMを載せ変えたのは、以前のエントリーに書いた通り)諸事情により、ウィルコム定額プランに変更したので(電話に関しては)月2900円。しかーし! 家族にWILLCOMユーザーがいないので、ウィルコム間通話無料のメリットが活かせない。orz
 母は、しばらく何も持っていなかったのですが。車に乗る時やバーゲンで別行動する時に、連絡がつく方が便利だろうって事で、近所のエイデンで一番薄い携帯電話を買ったのです。この時すでに安い料金プランはどこにもなく、各社横並びで3000円以上。つい先日auに機種変更して、少し安くなったようですが、それでも3000円くらいは変わらず。しかし、でか文字の高齢者でも使いやすい機種になったので満足のようです。

 世の中的には家族でキャリアをまとめて、「家族割引」を利用するんですよね。ですがうちの場合、J-PHONEの奇跡の低価格プランがあるから、どうやって変わっても割高になる。仕方ないっすねぇ。
 そういえば!!Docomoが無いわ。もっと昔に一時期使ってたけど、引っ越ししたので解約したんだわ。

| | Comments (0)

WILLCOMの新しい・・・nine

 nico.を購入して、レビューしたばかりですが。(私が購入したのを待っていたかのように(^^; )先日、新しい機種がいくつか発表されました。そのうち、nico.ユーザーとして見逃す事が出来ないのはnineです。軽量でシンプルなストレートタイプ。W-SIMで着せ替え可能。可愛すぎるnico.に対して、nineは大人の男性が持っても不自然じゃないクールなデザイン。もしもまだnico.を持っていなければ、どちらにしようかかなり迷ったでしょう。
 写真入りの詳しいレビューはケータイWatchのレビューを見て頂くとして。最大の違いは『ブラウザ内蔵』! そうですか。ネットまで見れちゃいますか。W-ZERO3が重くて乗り換える携帯としては最適かも。
 ただ、(当然かもしれませんが)どういう料金プランで、どう使うかが最大のポイントなんですよね。ネット接続をするなら、データ定額系のプランが必要でしょう。「つなぎ放題」は(意外と通話料が安いのは魅力ながら)一つ持ちの場合には基本料が高い。二個持ちで、マルチパックを組む手もあるけど、nine以外に音声専用端末を持つのは変でしょう。二個持ちの一方を家族に渡すのは、「ウィルコム同士の通話無料」のメリットが活かせないのが×。その名の通りのデータ定額は、いわゆる「ダブル定額」で、使わない時は最安だけど、使いまくるとそこそこいい値段になる。結局、無難に安いのはウィルコム定額(070定額)+リアルインターネットプラスで、月額5000円。
 そこで、もしもnineにモデム機能があるなら、電話とネット以外に、PCモバイル時の通信経路としても使えて、最高に便利なのですが。nineには残念ながらモデム機能がないんですよ・・・。惜しい。本当に惜しい。カメラは無くても良いから、モデム機能は欲しかった。WILLCOMとしては、せっかくのW-SIMなんだからDDと差し替えて使え、ってことなのかもしれませんが。DDを持ち歩くのも、W-SIMを差し替えるのも、面倒なんですよ。
 そうやって考えるとnineは私にとって、音声専用端末にはちょっと勿体ない、データ通信にはモデム機能が無いと、微妙な状態。nico., nineと好評なら、きっと次の機種が出るだろうから、それに期待かな。

| | Comments (0)

槇原敬之に「999」盗作騒動(スポーツニッポン) - goo ニュース

槇原敬之に「999」盗作騒動(スポーツニッポン) - goo ニュース:

松本氏が「盗作」と断じているのは、「夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない」——というサビの部分。これが「銀河鉄道999」(小学館刊)の第21巻に登場する「時間は夢を裏切らない 夢も時間を裏切ってはならない」というフレーズに「そっくりだ」と主張している。

「銀河鉄道999」は超有名な作品なんで、もちろん知ってますが。知ってるとは言っても、テレビアニメ(映画)の方で、漫画の方はほとんど読んでない。ましてや、松本零士の講演会があることさえ知りませんでしたが。そんなに有名なフレーズなんですか?
・・・と思った時は、google検索。

時間は夢を裏切らない 夢も時間を裏切ってはならない の検索結果のうち 日本語のページ 約 185 件
時間は夢を裏切らない の検索結果のうち 日本語のページ 約 1,800 件

うーん。なんとなく、熱心なファンなら知っていて、ブログとかで使ってるのかな?って感じの件数じゃないでしょうか。
ちなみに。

夢は時間を裏切らない の検索結果のうち 日本語のページ 約 704 件

検索結果の件数の多さで比較するのがどんな意味があるのかっていうと微妙だけど。

漫画の中の一つのセリフに似てるってだけで盗作と言っちゃうのは、ちょっと自意識過剰なんじゃなかろうかと思いました。

| | Comments (0)

「ゆとり教育」の旗振り役は、そもそもゆとりだらけだった

「ゆとり教育」の旗振り役 寺脇研さん、文科省を辞職へ(朝日新聞) - goo ニュース:

 「ゆとり教育」の旗振り役として知られる文部科学省の寺脇研・大臣官房広報調整官(54)が、10月中に同省を辞職することがわかった。
(中略)
寺脇氏は「31年余の公務員生活にまったく悔いはない。全力投球できた。これから再チャレンジです」と話している。

こんな人がいるって知りませんでしたが。そうですか。「ゆとり教育」に首謀者がいたわけですね。全力投球して、そろそろ「ゆとり教育」の弊害が明らかになってきた時に辞めて、「まったく悔いはない」って・・・。自分がやってきた事に、反省って無いんでしょうか?

| | Comments (0)

不便なデジタル化、不便なハイテク化

真っ先に思い浮かぶのが、BSデジタルや地上波デジタルの録画制限。愛地球博で親戚の子が参加したイベントがNHKで放送された時、HDDレコーダーのRD-X5で録画して、後から保存のためにDVDに焼こうとしたら、コピーガードに引っ掛かってしまいました。幸い、同じ番組がアナログで再放送されたので、そちらで録画、無事にDVDに保存できました。
従来のアナログでは自由にできていた事が、デジタルで不便になったのを実感した事例です。

テレビ自体も問題です。寝室にはブラウン管のアナログテレビがあります。これは数年前、5万ほどで買ったものです。今なら2〜3万で買えます。一方、地上波デジタル対応の液晶テレビは、最低でも10万近くします。むろん、液晶テレビってだけで高くなるんだけど。程よい画面の大きさで商品の選択肢がなければ、結果的には便乗値上げと同じ。高い買い物を強いられてるのです。

程よい画面の大きさ、ってのも問題で。ワイドテレビが出始めた頃にテレビのCMでも言っていましたが、画面の縦横比4:3から16:9にするなら、1割ほど大きなテレビを買わなければならないのです。1割大きくても、実際には小さく感じるでしょう。見た目を同じにするためには縦の長さを同じにする必要があるそうで、そのためには2割大きくなければなりません。寝室にある20インチと同じくらいの大きさは、ワイドテレビでは24インチになります。つまり、それだけ高くなりそうです。

まあ、寝室のテレビは少々小さくなってもかまいません。しかし、意外に問題になりそうなのはビデオカメラの液晶です。手に持って使うという制約から、大きさに限度があります。その一方で、撮影中の見やすさも求められます。
先日、量販店でハイビジョン対応のビデオカメラを見て、液晶の小ささに驚きました。理由は簡単、液晶の横幅は従来と同じなのに、液晶を16:9にしたために、極端に上下が狭いのです。ざっと計算したところ、3/4くらいの大きさですね。これ逆に、上下を同じくらいの大きさにしようとすると、液晶の横方向を30%も大きくする必要があります。すると手に持った時に、かなり横へ飛び出す形になりそうですし、折り畳んだ時にもはみ出しそうです。もちろん、その辺のデザインはこれから改良されて行くんでしょうけど。

もっと問題なのは、撮影する際のフレーミングかもしれません。最も使われるのは、我が子が運動会で活躍する姿をビデオに収める、という状況だと思いますが。子供を真ん中に捉えて映したとすると、両脇に大きな空間ができます。すると「自分の子供が主役!」って感じが弱くならないか心配です。映画なら画面一杯に顔のどアップを映す事も有りでしょうが。セッティングも思い通りとはいかず、撮り直しもできず、腕も伴わないホームビデオで、常に映画のような完璧な絵作りは不可能です。むしろ、4:3の画角の中に自分の子供だけがしっかり映っていて、よその子供は映ってない方が、満足度が高い家族の記録になるんじゃないでしょうか。
本来なら、画面の縦横比はデジタル化とは関係のない話です。しかし、これらがセットになってパラダイムシフトを起こしている以上、一緒の問題として扱って良いと思います。(とはいえ、アナログ→デジタル、ノーマル→ハイビジョン、4:3→16:9が、それぞれ別個に移行したら、もっと混乱したかもしれません。もしくは、用途に応じた棲み分けが起こったかもしれません。)

ちょっと話が変わって、便器の話。もはや、どこにでもあると思われるウォッシュレット。気持ち良いのは確かですし、痔を患ってる人には欠かす事の出来ないアイテムです。最近は、自動で水洗を流す機能まで付いてきます。ですが、機能が増えるに従って、故障する確率が増えたと思いませんか?
母の住む家のトイレは、立ち上がるとレバーが自動で動いて水を流してくれます。しかし、いつの頃からか、そのレバーが引っ掛かるようになってしまいました。ついには、全部上がり切らなくなって、大なのに小ぐらいの水しか流れなくなりました。それでも、手でレバーを回してやれば普通に水は流れますが、今度は戻りが悪い感じがします。仕方ないので、トイレメーカーのサポートに修理をお願いしたところ、どうもレバーを動かすモーター部分が故障したらしいです。
従来の電化されてないトイレなら、トラブルなんて排水くらいなものでした。母の家のトイレだって、自動じゃなければ修理せずに使えたのです。そうして考えると、便利になって不便になった1例と言えそうです。

もう一つ、全く別の例。
医療機関が診療報酬を支払い基金に請求する際に提出するレセプト。このレセプト、以前は紙で提出していましたが、今はフロッピーで提出しています。それをレセ電算って言うんですけど。先日、データーにエラーが出て大量の減点が発生すると言われて、大慌てしました。エラーの内容を聞いてみると、期限が切れた古いコードを使っているとの事。職員を呼び出して、レセコンメーカーにも問い合わせたところ、新しいコードに更新し忘れてるところがありました。ただこれも、レセ電算だから問題になるだけで、紙に印刷して提出する場合には全く修正の必要がない所らしいのです。
例えば、「ダオニール2.5mg」→「ダオニール錠2.5mg」とか。錠剤しかない薬だから間違えようが無いし、そもそも剤形によって薬価は変わらないので、人間がチェックする分にはどちらでも問題がない。しかし、コードが違うために、機械では同じものと判断できない。本当に馬鹿だわぁ。
機械の都合に合わさせられる、ハイテク化の愚の骨頂。しかも、このレセ電算システムは、支払い基金の都合で導入を求めているくせに、導入費用は個々の医療機関が負担させられてる。お金が掛かって、不便になって・・・もう何が何だか。

世の中、進歩してもっともっと便利になるのかと思いきや、不便になる事が多いこの矛盾。しかも、アナログにとどまる事を許されない。

| | Comments (0)

究極のFM・・・のはずが・・・

last.fmの話・・・と書くだけで、知ってる人にはネタが分かりそうですが。

私がlast.fmを知ったのは、まだ英語のサービスしかない頃のこと。決まったプログラムで曲が流れるインターネットラジオとは違い、自分の好みのジャンルを選んで「自分だけの」ラジオが配信されるというのが売りでした。また、last.fm Playerでは現在流れている曲に「好き(Love)」「嫌い(Ban)」と評価をすることで、自分の好みが反映されて行くのも面白い仕組みでした。
その日本版のlast.fmが始まり、同じアカウントが使えるので見に行きましたが。ソフトの対象バージョンが10.4になってしまっていたので、うちの環境(10.3.9)では使えず、last.fm Playerは古いバージョン(英語版)を使い続けていました。ラジオを聴くには、それで問題ありませんでしたから。
ですが昨日、友達にlast.fmを教えてインストールをお勧めしたのですが、Skypeの向こうで悪戦苦闘している話を聞くと、いくらMacとWindowsの違いはあるにせよ、なんかおかしい。音楽を再生できそうな気配が無い。
そこで、私もWindows機を引っ張り出して、同じように日本版からダウンロード。すると・・・Loveはあるけど、Banが無い!スキップも再生ボタンさえない! そりゃあ、話が食い違うはずだ。
早速インターネットで調べてみると・・・日本版ではストリーミングラジオに対応して無いって、いくつかのブログに書いてある! おいおい。本家でやってるそのままのサービスを持ってくればいいのに、わざわざ削るなよ!
日本版はさっさと削除して、改めて本家から英語版をダウンロード。すると・・・ちゃんと、ラジオを聴くための全てのボタンが揃ってましたよ!(感涙) 英語版とはいえ、メニューなどが英語なだけで、ちゃーんと日本のアーティストの曲も掛かります。CDのジャケットも表示されます。すばらしいです。Napsterの有料定額サービスを使うのが馬鹿らしく思えます。が。
last.fmの日本版は意味がありません。むしろ有害です。これから始める方は、是非とも英語版の方へ直行して下さい。

| | Comments (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »