« October 2006 | Main | December 2006 »

ホワイトカラー・エグゼ...

タイトルみたいに省略すると、なんかロックマンのゲームみたいだ。
それはともかく。またよく分からん横文字を使って国民を煙に巻こうとしてるな、というのが第一印象。
 ホワイトカラーは「事務系労働者」だけど、「エグゼンプション」って何だっけ?

ex·emp·tion /ıgzém(p)ʃən, eg-/

❶ 〔課税·義務などの〕免除 〔from〕.
❷ 所得税の課税控除額[品目].

「免除」ね。すると、「ホワイトカラー・エグゼンプション」は「事務系労働者の免除」って・・・ますます意味不明! 一番肝心な「何の/何からの」免除なのか全く分からない。
実際は「労働時間の規制から外す」=「(経営者側から見て)時間外賃金の削減」が、経営側&政府の目論見なのに。「労働時間の自由化」なんてあたかも労働者の利益みたいに書いてるのが有り得ない! 100兆も国民の給与が減るんですよ?! もっともっと大反対が出ても良さそうなもの。

底辺の労働力については、規制緩和で派遣という奴隷制度で調達しやすくなった。そして管理職はホワイトカラー・エグゼンプションで奴隷以上に無期限にこき使う事ができる。つまり、頂点の極く一部の人間だけが支配する世界にしたいってことか。安倍の「美しい国」ってのがそういう物なら、徹底的に反対の声を上げないと、取り返しがつかなくなりますよ。

| | Comments (0)

DELL、買ってみた

このタイトルと内容で、カテゴリーにMacを追加するのはどうかと思うが・・・。とにかく、根っからのMacユーザーである私が、DELLの激安ノートパソコンを注文した、という話。

一応すでにWindowsマシンも持ってるんだけど、1台は98SEでディスプレー用と化してる。もう1台はVAIO PCG-U3で、しかもLinuxも入れてるから、皆が使うには適さない。
普段はMacの方がいいんだけど、どうしてもWindowsがあるといいなと思う時もあるのね、仕方ないけど。

量販店で安いノートパソコンを探してたんだけど、どれも15万〜20万する。地デジとかカメラが付いてて、光沢液晶はテレビには良いかもしれないけど映り込みが気になる。Officeもいらない。一方、すごく安いモデルもあるけど、CPUのナンバーが300台だったり、無線LANが無かったりして、中途半端。
DELLが安いらしいというのは以前から聞いてたんだけど、MacでDELLのオンラインショップにアクセスするとInternetExplorerじゃないとダメってはじかれるので、諦めてたのね。だから、エプソンダイレクトでも見積もり作って、まあまあこんなもんか・・・と思ってた。そしたら、誰かが、ブラウザのUAを変更すればMacでも買える、って教えてくれた。早速、FirefoxのUAを変更するツールをダウンロードして試したら、できたー!

どんな構成にするか、散々悩みましたが。結局は、無線LANを付けて、HDDを少し増やしたくらいの一番安いもので購入。Windowsでバリバリ使うつもりは無いので、「とりあえず」くらいの性能でいいんじゃないかと。それで約7.5万円。安い。
どうやらDELLの安物は、液晶が酷いらしい。どんなものが届くのか、逆に楽しみ。

| | Comments (0)

死に至る病・・・狂犬病

Sankei Web > 社会 > 京都の男性が狂犬病発症 比で感染、1970年以来(11/16 20:15):

国内での人の感染例は1954年を最後になく、海外で感染した日本人が帰国後発症したのは、1970年にネパールから帰った男性以来。

すでにちょっと古いニュースになってしまいました。続報によると、この男性はすでに亡くなっているそうです。合掌。
日本では飼い犬に予防接種を打つのがほとんど義務化されているようで、犬に噛まれても「予防接種してあるよね?」と確認が出来れば、傷の処置はむしろ簡単です。野良犬や飼い主が分からない場合でも、「日本では1970年代以降、発症は無いから」というのを理由に、特に狂犬病の発病予防のための処置はしませんでした。しませんでした、というよりも、そもそも抗狂犬病ヒト免疫グロブリンは日本では入手困難らしいです。また、狂犬病ワクチンも普通の所には置いてないんじゃないでしょうか。(大きな病院の冷蔵庫の片隅に置いてある程度とか・・・?)
今回の件も感染は(国内ではなく)フィリピンなので、一応依然として国内は安全・・・と言えると思いますが。予防接種が明らかでない犬に噛まれた時には、今後は狂犬病ワクチンの接種も検討する方が安全かもしれません。
改めて「発症したら死亡率100%」の恐ろしさを認識するニュースでした。

余談ですが。
狂犬病はこの様に恐ろしい病気であるにも関らず、「狂犬病ワクチン予防接種は犬の虐待だ」などと言ってる人がいるんですね。無知ってのはコワイです。
予防接種をしてないがために、犬が狂犬病になって、さらに他の人に噛みついてその人が死んでしまったとしたら、どうやって責任を取るつもりなんでしょう。もちろん、その犬も殺処分になるでしょう。その方が、注射の痛みとは比べ物にならないほど、よっぽど重大な過ちです。
愚かな飼い主の為に不幸な出来事が起こらないようにしてもらいたいです。

| | Comments (0)

商品の紹介は参考以上にはならない

J-CAST ニュース : NHKに取り上げられた 女子大生のブログ炎上:

単なる個人のブログだと思って見ていたのが、実は企業のヒモ付きだった事を知った人達は、この放送を見て裏切られた気持ちになったのだろう。ネット上にはカキコミが氾濫し、坊農さんのブログや、「口コミマーケティング」をしていた企業のサイトは大炎上した。
「今回の番組を見てとても驚いたし、正直失望しました」
「なにがクチコミだよ。ヤラセじゃねーかよ!!!」
「この放送見たけど新手のネズミ講みたいじゃなかった?」

なんか、不思議な理由で炎上するんですね、最近は。

今どきのブログなんて、どこもアフィリエイトばかりじゃないですか。あれだって、ブログの記事から商品が売れれば報酬が入るわけで、「売れるように」書かれてる点では同じ事。
そもそも、商品を買う時に最後に決めるのは自分って当然の事じゃないですか。「〜さんが薦めてた物だから絶対大丈夫だと信じて買った」なんて文句を言うのは、自分に判断力が無い馬鹿者だと広言してるようなものですわ。

ちなみに。私も物を買う時には、ネットの口コミの意見は参考にします。でもそれは「みんなが良いと言ってるから良い」という単純なものではありません。まずメーカーのホームページで仕様を調べて、ブログで使用感とかの情報を肉付けして行きます。一番参考になるのが「欠点」が書いてある情報。欠点があるから悪い、というのではなくて、筆者にとっての欠点が自分にとっての欠点になるのかどうか?がポイント。ブログの情報は大抵断片的なので、あっちこっち見ることになります。先日はブルースパープを買うのに、ググって出たページを軽く10ヶ所くらい参考にしました。趣味のページや、楽器店そのもののページの他、個人のページっぽいけど楽器屋?かもしれない処(楽器屋への誘導リンクがある)も有りますが。嘘さえなければいいのです。で、万一嘘や間違いがあっても、あっちこっち見ていれば矛盾が出てきて気づきます。

そんなわけで、その中の一つのページがやらせだろうが、所詮参考の一つでしかないのです。
もう一度書きますが、情報を集めた末に、最終的に買うかどうか決めるのは自分の判断です。その決定が間違ってたとしても、それは自分の判断や情報の収集方法が悪かっただけ。

それなのに、やらせだからけしからんなどとブログを炎上させて迷惑行為を働くのは、お門違いも甚だしい。自分の無能さを責任転嫁してるんじゃん。

それとも、ブログの人気や、招待されて食事されたり、テレビの取材を受けて人気者になってる事に嫉妬してるのか? 嫉妬の腹いせに炎上させてるんだとしたら、もっと浅ましい。

最後に。
スラドのウォルマートのFlog(やらせブログ)問題の#1054578の書き込みに感銘したので、引用。

- 素人撮りモノだと信じて、
- ガチ盗撮モノだと信じて、
- ガチ露出モノだと信じて、

ほんほん言いながらヘビーローテーションで利用していたら、
企画モノだと知って萎えて激昂、というのと似ている。

エンターテイメント番組でのインタビューが、
実は演出だったと知って激昂、というのと似ている。

演出・脚色のない blog をみんな求めているのだろうか。
こういう事で問題になるのは
「裏切ったな!僕の気持ちを裏切ったな!」
というシンジ君がネット社会にはまだまだ大量にいる事を表しているように思える。

自分で判断できない、未熟で幼稚な人達が多いんだろうね。

| | Comments (0)

総会屋は二度とくんな!

村上ファンド、解散へ 解約相次ぎ(朝日新聞) - goo ニュース:

 村上ファンドは、元通産官僚の村上前代表が99年に学生時代の友人らと設立。現預金や株式、不動産が多い割に株価が安い上場企業の株式を取得し、資産売却や増配などの改革を求める投資スタイルで、ニッポン放送や阪神などの株式を取得して、注目を集めた。

まずは、解散おめでとう。というより、ざまあみろ。ズルして儲けるのは許されない、って事ですわ。

それにしても、引用した部分を見て、全く以て迷惑なファンドだったとつくづく思います。
まず、会社を作った人や、現在運営している人達は、さまざまなリスクを背負って会社を設立し、上場できるまで大きくしてきたわけです。その中での判断で、資産を保有してたり、経営方針を決めてきたわけです。
株を買うのもリスクを伴う、とはいえ、上場してる時点で企業としてはすでに優良である事は保証済みで、しかも財務状況も完全公開されているのだから。企業立ち上げのリスクとは比べ物にならないくらい安全。
それなのに、「会社は株主の物」との一方的な意見で、金の力で乗り込んできて我が物顔で引っかき回して勝手な意見を言いまくる。その最終目的は、資産を売り払って配当を増やせ、買収するから高く買い取れと脅しを掛ける、身勝手なもの。最後は売り抜けて終わり。そこまで企業を大きくしてきた人達(経営者)の努力とか、初期から会社を支えてきた株主/消費者などを全く考慮してない厚顔さに憤りを感じました。
他人の経営にゴチャゴチャ文句を言うくらいなら、自分で会社を立ち上げてみろっ!ってなもんです。企業立ち上げの難しさを思い知って、出直してこい。

いや、ムショの臭い飯を食って、一生反省してろ。

設立から7年で解散って。どれくらい儲けたのか知りませんが。短期間でドカンと儲けて退場するってのは、ちょっと憧れますね。おそらく、ムショから出ても食べて行けるだけは儲けたんでしょ? しかし、犯罪で儲けたお金で悠々自適ってのも変な話なので。資産も没収したら?

| | Comments (0)

正社員、パート、日雇い派遣

パート正社員化促進 法に明記、義務づけ 通常国会提出(産経新聞) - goo ニュース:

 厚生労働省は4日、正社員と非正社員の格差是正のため、企業に正社員とパート社員のバランスのとれた処遇(均衡処遇)をとることや、正社員への転換を促進するようパート労働法に明記する方針を固めた。(中略)パート社員の均衡処遇や正社員転換は、安倍晋三首相が掲げる再チャレンジ支援の中核策でもあり、厚労省は次期通常国会に改正法案を提出する。

再チャレンジ、大いに結構!・・・ですが。これって、政府が何かするんじゃなくて、企業に責任を丸投げって事かよ! 他にやる事があるんじゃないの?!

例えば、パートで良く問題になったのは、100万、103万、130万円の壁ですね。超えると税負担が増えて、たくさん働いてるのに手取りが減るっていう矛盾が生じるんで、出勤調節をしたりします。これに対して政府は、矛盾を無くすのを名目に、特別配偶者控除を無くしちゃいましたよね。だけど、おいこら! 減税を無くすな! 壁を越えた分にのみ課税するとか、控除を残しながらなだらかに税負担を増やす方法(所得税とかと同じ)だってあったんじゃないの? そうすれば、壁を気にする事なく、働いた分だけ手取りが増えて、控除もほどほどで受けられる。

そういう工夫をしないで、さっさと控除を無くすから、「本当は増税したかっただけちゃうんか!」と政府に対する不審が出るのです。

もう一つ、別のニュース。リンク先が残っていたら、是非全文を読んで頂きたい。

「日雇い派遣」急増 携帯で連絡、低賃金・補償なし(朝日新聞) - goo ニュース:

 「日雇い派遣」という働き方が急増中だ。人材派遣会社から仕事の紹介を受け、日替わりで派遣先で働く。連絡は携帯電話やメールだから「ワンコールワーカー」とも。規制緩和で派遣できる職種が大幅に広がったのを機に、若者やリストラされた人たちがすぐに現金を手にできるこの仕事に流入している。だが、低賃金で、仕事がないときの補償もない不安定な立場だ。

ポイントは「規制緩和」。何をどう規制緩和したのかは分かりませんが。とにかく、お手軽な派遣が増えて、派遣会社は儲かって、ワーキングプアの人が増えてる、という図式は明らかなようです。
派遣を利用した事がありますが、賃金として支払った分の4分の1くらいが派遣会社の取り分です。今から思えば、これは良心的な所かもしれません。酷い所だと3分の1から下手すると半分、上前をはねる所も有るでしょう。まあ、いずれにしても、派遣会社は人を右から左へ動かすだけで(在庫も経費も一切不要で)儲かるんですから、おいしい商売です。
先のニュースではパートを問題視していましたが、パートなら勝手な解雇はされないし、まだ身分は保証されてる方だと思います。それなりに能力を見込まれてるから続けて雇ってもらってるという背景もあるでしょう。一方、さしたる能力が無く、定職に就けないがために派遣に登録せざるを得ない人は、どうしても立場が弱くなる。これからも派遣会社による搾取はますます酷くなるでしょう。
パートに対して、こちらの日雇い派遣は全く保証無し。どこかでは、『派遣は現代の奴隷制度』と書いてありました。蓋し名言だと思います。
パートよりも、日雇い派遣の方がもっと問題です。おそらく派遣業を始めたい資本家の口車に乗せられて規制緩和したんでしょうが、安易に規制緩和した弊害が出ているのですから、政府が速やかにやるべき事は派遣の規制強化です。

他にも、「規制緩和」の弊害について、タクシーでは新規参入する人が多くなりすぎて生活が成り立たなくなってるとのニュースもありました。これもタクシーに誇りを持って仕事してた人にしてみれば災難な話だと思います。確かに、考えようによってはワークシェアリングと言えなくもありません。ですが、それは憲法で保障された基本的な生活が確保される限りにおいて認められる事です。
「収入を得られるようになった人がそれだけ増えたという事だから良い事だ」なんて言う人(政治家?)もいたそうで。他人事だと思って、なんとも呑気な発言です。そこまで言うなら、議員給与の合計総額を一定にして、定員を撤廃して成りたい人みんな国会議員にしちゃえばいいのです。そうすると、みんなに給与が行き渡って、議員年金もみんなで受け取れて、幸せじゃないですか。(その代わり、今の議員さんの取り分に比べれば遥かに遥かに少なくなりますけどね)

とにかく。
規制を緩和すれば何でも良くなるという幻想に囚われて、前首相の口車に乗せられて、規制を緩和してきましたが。前首相がどっかへ行っちまったのを機会に、考え直す必要があります。必要な規制もあるって事を。

| | Comments (0)

病気で摘出の腎臓移植について

賛成でも反対でも無い、というスタンスで、いろいろ書いてみる。

Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 病気で摘出の腎臓移植…宇和島徳洲会病院で11件:

 生体腎移植手術に絡む臓器売買が明らかになった宇和島徳洲会病院(愛媛県宇和島市)は2日、過去に実施した生体腎移植で、病気のため摘出した腎臓を別の患者に移植したケースが11件あったという調査結果を発表した。
 病院関係者は、これらの腎臓は良性腫瘍(しゅよう)や動脈瘤(りゅう)などの病気で摘出されたものとしているが、他の腎移植医らによると、病気の腎臓を移植することは医学的にあり得ないという。臓器売買という法的な面だけでなく、移植手術そのものも大きな問題となりそうだ。

病気の臓器を他人に移植するのは、確かに普通では考えられない。だけど、ここで考慮しなくてはならないのは、移植される側(レシピエント)は腎不全で、腎臓が全く機能していない=病気の程度がもっともっと重いという事。そのために、腎不全の患者さんは週に3回透析に通って、大変に不便な生活を強いられています。腎移植をすれば、不便な生活を抜け出せる。つまり、「病気だろうと、機能してるだけマシ!」なのですよ。
本当は健全な腎臓がいいに決まっています。しかし、おそらく移植を待ってる患者数に対して、移植に使える腎臓の絶対数が足りないんじゃないでしょうか。死体腎移植については(言い方が悪いかもしれませんが)「誰かが亡くなる」のを待ってないといけないんですから。
生体腎移植はもっと難しい。人間には腎臓が二つ有って、一つ無くなっても機能的には大丈夫・・・と分かっていても、じゃあ「お一つどうぞ」って差し出せる物ではない。残った腎臓がいつまでも大丈夫って保証は無いんだから。それでも腎臓を提供するってのは、よっぽど透析が大変なのを見かねた身内か、それこそ臓器売買が絡んでる場合しかありえないのではないか。
腎臓が欲しい人がたくさんいる→腎臓が足りない→一方で、まだ機能している腎臓を捨てなくてはならない→もったいない・・・という発想でしょう。
ただ、病気の腎臓を移植するのはやっぱり基本的には有り得ない話で。特に、悪性腫瘍の場合には、移植によって寿命が縮む可能性が高いので、絶対にしない。ウイルス性肝炎が有る場合とかも、肝炎発症の危険性を考えるとしないでしょう。嚢胞とかなら安全かな?と思うけど、嚢胞だけでは腎臓は摘出しないし・・・そうやって考えると、良性腫瘍で腎摘術までして移植に持って行ける症例って、御遺体を待つよりも少ないような気もするけど・・・。

健康な人にメスを入れなければならない生体腎移植よりも、腎臓を確保する段階での問題点は少ないのは確か。(その分、移植する際の受け入れ側の問題点は大きくなるけど。)

Sankei Web > 社会 > 病気腎臓、院長も認識 宇和島徳洲会病院(11/04 16:47):

 「こういう(手術の)方法があることを認識してほしい」。愛媛県宇和島市の宇和島徳洲会病院で4日開かれた会見で、貞島博通院長は、病気治療のため摘出した腎臓を他人に移植したことに理解を求めた。患者も手術を受けたことに「感謝しています」と語った。

この院長の言う通り、いろんな方法も模索しても良いでしょう。
最近、不思議でならないのは、死ぬ死ぬ詐欺で問題の、アメリカとかに移植手術を受けに行くパターンです(詳しくは別のエントリーで書くつもりですが)。なんで日本で移植できないんでしょう? 脳死の定義も時間がかかったりと、日本の移植医療は制限が多すぎるんじゃないでしょうか。たぶん、「〜してもよい」という形でしか、決められていないんでしょう。理想を追求するのはもちろん大切ですが。きれい事だけ決めて終了したら、そこから溢れた人達が困ったり、トラブルに巻き込まれたりします。
絶対にしてはいけない事をまず決めて、それ以外は柔軟に対応し、適応範囲を決めて行く方が良いように思います。

| | Comments (0)

夕張市だけじゃない

夕張市、再建へ「全国最低」迫られる 職員給与、補助…(朝日新聞) - goo ニュース:

 最大の課題は人件費の削減。総務省は給与カット幅の上限が28%と最大級の島根県海士(あま)町の例をあげ、これを上回る給与カットを求めた。
 約270人の職員は、人口などが同規模の自治体のほぼ倍にあたるため、総務省の指示は「最低で半減」。それも「2年間で」という提案だ。

簡単に言えば、破産した夕張市の再建に向けて、いろんな財政再建策が挙げられてるわけです。
夕張市は「たまたま」破産したから、これだけ具体的に強固に削減策を突きつけられてますが。でも考えてみれば、日本の財政そのものだって、すでに破産一歩手前・・・というか、普通だったら破産してる状態ですよ。だって、80兆の支出に対して、50兆円弱しか税収(など)がなくて、30兆円も借金してるんですよ? 毎年毎年!!ありえないでしょ? 一応、毎年15兆円ほど借金の返済をしてるようですが、差し引き15兆円は毎年借金が増えてる計算です(それ以上かも)。
それなのに、先進7カ国の合計よりも多くの公共事業をしてたり、公務員がそこらの企業よりも高給だったり優遇されてたり・・・ありえない!!

だから、予てから言ってるように、すべての公務員の給与を30%カットすべき。様々な手当ても全廃。また、公務員を半数に減らす。ーーーまずはこれだけ、やって当然。
すると、仕事が廻らないとか、公務員になる人がいなくなるとかの意見が出そうですが。
さぼりまくってる公務員がたくさん居るみたいですから、そういう人達をまずは淘汰すればいい。仕事が出来ないなら減給するだけ。必死で仕事すれば終わります。今までのさぼり癖がついていて辞めたくなったら、是非自主退職して頂けば良い。フリーターの増加が問題になってるくらいだから、定職に就きたい人はいっぱい居る。

・・・いや。公務員だけにすべての責任を押し付けるのは酷だね。最大の原因は、今まで政権を担ってきた人達全部なんだから。あの人達に真っ先に責任を取ってもらわないと。

| | Comments (0)

いじめグループに制裁を

自殺後もいじめ、別の生徒標的に続く 福岡の中学校(朝日新聞) - goo ニュース:

いじめを受けていたとの遺書を残して自殺した中学2年の男子生徒(13)が通っていた福岡県筑前町立三輪中学校で、生徒に「死ね」などと言ういじめを繰り返していた同学年の男子グループが生徒の自殺後、別の複数の男子生徒に対して言葉によるいじめをしていたことがわかった。

最低ですな、このいじめグループ。
思うんだけど。いっその事、このいじめグループの一味を晒しちゃったらいいんじゃない?

いじめってのは反撃されないから続くわけだ。
もしも力関係が対等だったら、やられた分やり返せるので、一方的ないじめにはならない。
もしくは、当事者以外の強い力によって抑止力となればいいんだけど・・・
なんでも相談できる、いわゆる町の頑固親父みたいなのは絶滅した。
警察は少年の犯罪には無力だし、そもそも事件になってないと動かない。
本当は教師こそが絶対的な権力で、いじめグループを叩き潰さなければならないのだが・・・。馬鹿なプロ市民とPTA、マスゴミなどによって、全く無力な存在にさせられた。きつく注意する事も、体罰さえも封印されて、一体何ができようか。
かくして、いじめグループを抑えることが出来なくなった。

子供の世界に抑止する力が無いとしても。世間には『世論』という、もっともっと強い力がある。人間は一人では生きて行けない以上、他の人との関係が相手から拒絶されるのは、死ねと言われるほどのペナルティに等しい。
『世論』は、時には変な方向に暴走もするけれど。いじめてるヤツよりも遥かに大きな力が存在する事、いじめには大きなペナルティが課せられる事を思い知らせる為には、彼らを世間に晒して世論による制裁を与えるのも方法だと思う。
・・・本当は、法治国家としてはあるまじき結論だけど。

追記:
というか、すでに某掲示板で晒されてるみたいじゃない。

| | Comments (0)

ツボの位置を投票で決めたんだそうで

asahi.com: はり・きゅうのツボの位置は361カ所、WHOが基準 - 健康:

 国際会議には日中韓をはじめ9カ国2組織が参加。3カ国がまとめた案では、6カ所のツボで合意できておらず、1日の会議で、投票で決めた。(中略)統一基準は、日本国内の教科書と約40カ所が異なっているという。

他にも(ソースは失念しましたが)「基準点がズレているので、本当はすべてのツボの位置が違う」という説があったり。今回のニュースでは、ツボの位置を投票で決めたり・・・。ツボの位置って、いいかげんなものだったんですね。よくそれで、効果があったもんだ。それとも、全部プラセボだったのかな?

 日本側の代表として参加した形井秀一・筑波技術大教授は「標準的な位置が決まったことで、効果や臨床的研究について、国際的に議論できるようになる。教育の標準にもできる。グローバル化のスタート地点に立てた」と話している。

これも変な話で。そんないい加減な決め方をした標準を土台に研究をスタートしても、意味が無いんじゃないかと。科学的に考えるなら、議論が分かれた6ヶ所のツボについて、二重盲検試験などで検証した上で、最も効果があった位置を標準と決めるべきでしょう。というか、誰にとっても「本当に効果があるのはどこなのか?」って一番気になるものじゃないの?
術者の印象を元にした投票よりも、きちんとエビデンスに基づいて決定しなければ、サイエンスとは言えません。

もっと言ってしまうと、そもそも「本当に効果があるのか?」というところから調べ始めて欲しい。
でも、そんな研究、はたしてするだろうか・・・? 調べていくうちに、一つまた一つと、ツボが消えていったりして・・・ :P

| | Comments (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »