« INSPIRON1501 + Ubuntu6.10 | Main | INSPIRON1501 + Ubuntu6.10 + XGL »

Ubuntu (Gnome) + Dvorak配列 (暫定)

ちょっと寄り道。
私はMacではずっと以前から、英語はUS(またはJP)、日本語はDvorak配列で入力するのに慣れてるので、UbuntuでもDvorak配列が使えないと大変困る。

以前のGnomeには、キーボード切り替えのアプレット Keyboard Layout Switcher(GKB 国際化キーボードアプレット)があって、パネルからキー配列を変更できました。でも最近のGnomeはアプレットの仕組みが変わって、無くなってしまいました。

いろいろ調べて・・・一つ目の方法。@ITの記事を参考に

$ setxkbmap dvorak
$ setxkbmap jp

このコマンドを使います。(こちらも参考になる:X の key map を変更する
パネルにカスタムランチャのアプリケーションとしてそれぞれのコマンドを登録すれば、いちいちコマンドを打たなくても変更可能です。ただし、今の状態は分からないし、キーボードによる変更、トグル変更も出来ません。

さらに調べたら・・・二つ目の方法。Ubuntu:Edgy ja/TipsAndTricksに公式っぽい方法が載ってました。
しかし・・・これに従うと、ドツボに嵌まります。
「システム -> 設定 -> キーボード」のレイアウトからUSのDvorakを追加すると、日本語がカナ入力になってしまいます。そこで、「Japan」を削除して「US」とかに変えると、微妙に入力できない記号があります。さらに困るのが、一旦「Japan」を削除すると、元に戻すためにレイアウトを追加しようにも「Japan」は一種類しかありません。「JIS配列」と「カナ配列」の区別がないのです。「Japan」一つにすればJIS配列になります。ここで他のレイアウトを追加すると・・・最初に戻って、日本語はカナ入力になってしまいます。(>_<)

どうしてこんなことになるのか、さっぱり分かりません。
「設定をデフォルトに戻す」とかやると、101キーボードか何かにされてしまいます。

キーボード表示アプレットなんかをパネルに追加なんかすると、表示と実際のキーが食い違うなど、ますます事態が渾沌としてきます。
こうなってしまったら、とりあえず元通りのJIS配列に戻すためには、一つ目の方法の、

$ setxkbmap jp

を使います。パネルにランチャを作ってあれば便利です。ひょっとすると、より正確には

$ setxkbmap -option
$ setxkbmap jp jp106 -model jp106

とすべきなのかもしれませんが。やってないので分かりません。

そのようにして、いろいろいじりつつ再起動とか繰り返していると。「Xの設定とGnomeの設定が違ってるけど、どっちを使う?」みたいに聞いてくるようになりました。そうなんです。/etc/X11/xorg.confにも、キーボードの設定が書かれているんですよね。その内容は調べるべきかもしれません。

そんなわけで。まだ決定版のやり方が分かりません。

今はとりあえず、(使用頻度は高くないので)一つ目の方法で使う事にしました。
良いやり方があったら、教えて下さい。

|

« INSPIRON1501 + Ubuntu6.10 | Main | INSPIRON1501 + Ubuntu6.10 + XGL »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« INSPIRON1501 + Ubuntu6.10 | Main | INSPIRON1501 + Ubuntu6.10 + XGL »