« March 2007 | Main | May 2007 »

DashboardはWindows1.0

先日のエントリーに書いたように、ようやくTigerになって、Pantherでは使えなかったソフトをダウンロードして試す楽しみがありました。特に、Widgetは指をくわえて見ているしかなかっただけに、新鮮さがありました。
古くからのマックユーザーとしては、DA(Desk Accessory)の様な物をイメージしていたのですが、使ってみると全く違いました。むしろ、DAよりも手軽さが無い。
DAは、メインのアプリケーションと平行して使ってる感じ(疑似マルチタスク風)でした。ですが、Dashboardは一枚別のレイヤーが出てきて、そこで作業する感じになります。普段からちょくちょく見たいもの(時計や天気、カレンダー)と、一時的に使う物(翻訳や計算機、簡易お絵描きソフト等)を、その一枚のレイヤー上に配置しないといけないので、12インチの狭い画面ではどこに何を置くか悩んでしまいます。広い画面なら色々置けるんでしょうが、たくさん置くと今度はDashboardを開いた時にすべてのWidgetが更新されるのに時間がかかる。かといって、Widgetの出し入れ(特に出す方)は意外と面倒。すると、「厳選したWidgetをいかに綺麗に配置するか」が活用のポイントと言えそうです。
Widget同士は一応重ねられるものの、重ねると使い勝手は悪い。そして、Widgetの大きさは基本的に固定な物が多い。だから、狭い画面に重ならないように効率良く並べるのは、ペントミノのパズルみたいな工夫が必要です。

で、あれこれWidgetを並べていて思ったのですが・・・

急に話かわって、Windows1.0って知ってますか? 私も実物は見た事がなくて、ASCIIの紹介写真を見ただけですが。Windows1.0ってタイリングウインドウなんですよ。ひょっとするとすでに、タイリングウインドウって言葉自体が死語かもしれませんが。今のようなウィンドウが重ね合わさるんじゃなくて、画面をタイルのように区切って使うんです。
参考)「T98-Next」で検証するWindowsの歴史

・・・で、話は戻るのですが。DashboardでWidgetをタイルのように並べるのが、まるでWindows1.0みたいだな、という感想を持ちました。

というか、Windows VistaGadgetって、Widgetのパクリだと思っていましたが。四半世紀を経てWindows1.0へ原点回帰してるんだとしたら、それはそれで面白い。

| | Comments (0)

昨日のおかしなニュース一覧

最高裁解釈「無効」と反発/中国、適切な対応求める

中国外務省の劉建超報道局長は27日、中国人元労働者らが日本側に賠償を求めた訴訟で、最高裁が「日中共同声明で個人の賠償請求権は放棄された」と判断したことについて「最高裁の解釈は違法で無効」と強く反発する談話を発表、日本側に問題を適切に処理するよう要求したことを明らかにした。

他国の裁判所の判決に「違法」って言っちゃう図々しさ。内政干渉? ともかく、言われる筋合いは無い。
日中共同声明で対日戦争賠償請求を放棄すると宣言してる以上、当然の判決。

公明代表、道徳の教科化に反対

 公明党の太田昭宏代表は27日の記者会見で、政府の教育再生会議が道徳教育の教科化を検討していることについて「どのような意義があるか分からない。個人としては反対だ」と述べた。同時に「一つの価値観を押し付けることは排除しなくてはならない」と強調した。

公明党が言うな、と。その隙に、別の価値観を押し付けるつもりだろう?(反日の、韓国に都合の良い)
歴史って言うのは、確かに見方によって全く意味が変わる。解釈も変わる。特に今、中国、韓国で日本との歴史を捏造して、自国に都合の良い内容で洗脳している。これに対抗するためには・・・日本の教育においては日本の解釈をきっちりと教えるべき。
ただ、それだけでは三国人と同じになってしまうので、日本の解釈の日本の歴史を教えた上で、他国が日本の事をどのように教えているか?も教えるといい。

| | Comments (0)

母もハマる「どうぶつの森」

N64の時、店頭のデモを見て、何が面白そうなのかさえ、さっぱり分からなかった。
GC版は、中古の価格が全く下がらないのが不思議で仕方なかった。なので、結局新品を購入。戦闘も争いも競争さえも無いゲーム内容だけど。集めたくなる物がわんさか(家具、小物、化石、昆虫、魚などなど)あって収集欲を刺激されるし、箱庭的な楽しさと知った。私としては、魚釣りは面白かったけど・・・。わざわざ大きなテレビ画面を使ってまで、続けるまでにはハマらなかった。
なのに、DS版も買ったんだよね。HOMELANDにハマった後で、HOMELANDに似た2頭身キャラでネット対応というところから、HOMELANDの代わりになるかもしれないという期待を込めて(発売直ぐの品薄の時だったけど)購入。早速、ちょっとはネットで他の人と交流したけど(果物もらったけど)・・・やっぱり飽きた。

と、私はやらなくなったんだけど。どこで知ったのか、娘(6歳)がやりたいと言い出した。目的があいまいなゲームだし、やる事がいっぱいあるし、無理じゃない?って思ったんだけど。子供を見くびってはダメですね。すっかり操作方法を覚えてしまいました。
特にトタケケのライブがお気に入りらしく、土曜の夜8時になると、
「バアバ、トタケケはじまるよ」
って小さい画面を祖母と娘の二人して覗き込んでいました。そしたら、今度はバアバの方がトタケケにハマってしまいまして、「週の終わりの癒しの時間だわ」なんて言うくらい。

しばらくは、DSの小さい画面で、小さな音に聞き耳を立てていたんですが。ふと、GC版があることを思い出してWiiで動かしてみたところ、大きな画面で音量も大きく出来て大好評。
土曜の夜は、家族みんなでテレビの前に座って、トタケケライブを聴くのが習慣になってます。

| | Comments (0)

マリオカート(64)のドリフトの意味を知る

スーパーマリオカートは持ってなくて、友達の家でちょっと遊んだ事がある程度。ちゃんと説明書を読んだ事が無く、「ぴょんぴょん飛び跳ねる」のがドリフトだと思っていた・・・いや、マジで。(だから?)ちっとも早く走れなくて、むしろ苦手なゲームになってた。(F-ZEROはやり込んだのに)
VCでマリオカート64を購入して、一応説明書は見て、Rボタンがドリフトボタンだとは分かったくらいで、とりあえず遊び始めたら・・・スーパーマリオカートと同じく「ぴょんぴょん飛び跳ねる」ので、やっぱりマリオカートシリーズは、「ぴょんぴょん飛び跳ねる」のがドリフトなんだ・・・と思い込んでしまいました。でもね、「ぴょんぴょん飛び跳ねる」くらいなら、グリップして曲がる方が早いし、コントロールが楽なわけですよ。だから、ドリフト意味ねぇ〜と思ってたのですね。(以上、前提条件)

今日、バーチャルコンソールのタイトルラインナップを見ていて、何気なくマリオカート64テクニックの所を見たら・・・どうも、今まで思ってたのと違う・・・なんだ?この煙がVやEになってるのは・・・しかもドリフトを維持?・・・
そこでようやく気付いたわけですよ。「マリカのドリフトも、本来のドリフトと同じなんだ」って。映画カーズでハドソンホーネットやライトニングマックイーンが決めた、カウンターを当てながら横滑りでカーブを駆け抜けた、あのドリフトと同じだって。

早速、ドリフトの練習開始! Rボタンでぴょんと飛ぶのはいつも通りですが、それはきっかけに過ぎなかったのですね。ぴょんでは曲がりすぎるのでカウンターを当てる。何度かやるうちに、ようやく意味が分かりました。ドリフトし始めたら、カーブに合わせてスティックを左右に振る。すると、自然にミニターボも有効になりました。気付いたら、随分とタイムも縮んでいました。

「何を今さら」と言われそうな内容ですが。私としては、長年の謎が解けたようで実にすがすがしい。
たぶん、(スーファミの)スーパーマリオカートでもドリフトは同じですよね? なんか、リベンジしたくなりました。

| | Comments (0)

米国の戦争と映画

今、米国の戦争映画をテレビでやってたので見てたのですが。突入した部隊に対して敵が多すぎるなら、味方の兵の損害を出したくないのなら、いっそ焼き払えばいいのに・・・と突っ込んでしまいました。
・・・というかさ、東京大空襲の焼夷弾も、広島・長崎の原爆も、米兵が一切損害を受けずに敵を焼き払ってきた戦術じゃん。ベトナム戦争のナパームだって同じ事。最近の超長距離爆撃も味方の被害なしで敵を殲滅する事を目的としてるのは同じ。
そうやって敵を大量に殺しておきながら、映画では米兵の戦死ばかりを強調して同情を誘う・・・フェアじゃ無いなぁ。

映画の最後、ソマリア人は1000人死んだのに、米兵はたったの19人の死亡って・・・えらく劣勢っぽく描かれてた割りに被害は少ないじゃないの。アメリカ人はこういう映画を見て「1000人殺したざまーみろ、19人の兵士は偉大だった」って思うのかなぁ。あー、やだやだ。

| | Comments (0)

いまさらTiger

Leopardの発売は10月に延期になった物の時間の問題の今になって、ようやくTigerにしました。
PowerBookG4とiBookG4は最初からPantherで、iBookG3(late2001)にはPantherを購入して、すべてPantherに揃えて使っていたのです。OS自体については、Pantherで全く不満はありませんでした。フリーウェアやユーティリティも含めて、環境として完成していたので、新しいのを追いかけるつもりは無かったんだけど。さすがに対応してるソフトが激減しているのがツライこともしばしば。
Leopardが発売されるとTigerが入手困難になりそうな事と、G4に最適化されていて意外とTigerの方が軽いとの話、そしてTigerも終了に差しかかって枯れてきてる事から、思い切って購入しました。

インストールした最初は、動かない、もしくはPantherの時と挙動が違って困るユーティリティがいくつかありましたが。さすがに枯れてきた時期あって、解決策も簡単に見つかりました。
「新機能は200以上!」という触れ込みに対して、私が関係あるのは(というか、否応なく関係しそうなのは)SpotlightとDashboardの2つかなぁ・・・と思っていましたが。Panther時代にユーティリティが必要だった事が、システム標準の機能に組み込まれていたんですね。そういうのを合わせて200って事だったのね。例えば、capsとctrlの入れ替えとか、VNCとか、ひょっとして2本指スクロールもかな。確かに便利っていやぁ、便利ですが・・・Pantherでも出来てた事なんでねぇ・・・。
Safariが爆速になっていたのには驚き!・・・でも、デフォルトのブラウザはFirefoxなんで・・・
新しいMailのツールバーというかボタンは好きになれませんが、安定してるのは嬉しい。
そんな所かな。もっと早く、軽くなってるのを期待したんですが、残念ながら体感速度は(Safari以外では)変わらない感じです。というか、全体的にもあんまり変わらない。(だったら、Pantherでも良かった気も・・・)

| | Comments (0)

万引きの被害

万引きがどれだけ酷い犯罪か試算してみた。

60円で仕入れて、90円で売るとする。1個売れた利益が30円。
それが1個万引きされたとすると、損失は60円・・・では無い。本来得られる予定だった利益も失われたわけだから、損失は売値の90円となる。
このまま損して終わっては生活していけない。取り戻して、利益を上げないといけない。90円分取り戻すためには、90÷30、つまり3個商品が売れてようやく損失分を補える。3個売るという手間が掛かっているというのに利益が全く無いのも十分損失と考えられる。そして次に1個売れて(つまり4個目が売れて)ようやく、本来1個目が売れた時に得られるはずだった30円の利益になる。
盗られた1個が売れれば得られた利益、万引きされた分を補うためには、4個も売らなければならないのだ。
言うまでも無い事だが、利益率が悪い商品なら、売るべき個数はもっと増える。

万引きの子供への罰則って、どうなってるのか知らないが。(大人は窃盗罪だよね、きっと)
物を売るのがどれだけ大変な事か、教育する必要があると思う。口で説明してもそういう輩は聞かないだろうから、実際に体験させるのが良い。例えば、10日間、自分が売った利益で生活させるとか。命が懸かれば、ちょっとは本気で考えるでしょう。

| | Comments (0)

HOMELAND終了(´Д⊂グスン

「ホームランド」ネットプレイサービス終了のお知らせ

この度、皆様にご好評いただきました「ホームランド」のネットプレイ・神さまプレイは2007430日をもってサービスを終了させていただくことになりました。
インターネットにつながり、ほかのクエスターたちといっしょに冒険する「ネットプレイ」と、「神さまプレイ」がご利用できなくなります。長らくの間、お客様のご利用誠に有難う御座いました。
尚、ホームランドはスタンドアローンとして一人でも遊ぶことができます。
引き続き、「ホームランド」ご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

ついにこの日が来てしまいました・・・。

私がHOMELANDを知ったのは、itmediagameの紹介。GCのネットゲームで、サーバー接続料が無料ってのに惹かれました。久し振りにゲームの紹介記事を検索したら22本も出てきた。その当時にいかにたくさんの紹介記事が書かれていたか、改めて驚きました。
ある期日までに申し込みをすると、ブロードバンドアダプタ同梱版がなんと1000円プラスで買えて、とってもお得だったのです。悩んだ末に、駆け込みで購入しました。
あれから2年・・・終わっちゃうんですね。
ゲームのサーバーは、ユーザーのGCを「神さま」として立ててもらう事で、サーバー接続料が無料だったのですが。「誰と誰をマッチングさせるか?」というマッチングサーバーはチュンソフトが立てていて、結局の所、このマッチングサーバーが無いことには人と人が出会えないーーーつまりネットゲームができない、というのが今回の終了のお知らせです。一旦GC同士が接続すれば、マッチングサーバーとは無縁になるだけに・・・そもそもマッチングサーバー無しで相互接続できる仕組みにしておいてくれればなぁ・・・というのが残念な所。
ただ、この1年くらい、ホントに過疎化してたし、Wiiも発売されてGC専用のソフトではユーザーは減る一方。PSOも終了したし、「発売から2年」という区切りが潮時なのかもしれません。

ホームランドで神さま&クエスターを同時に遊ぶために、GC&BBA&HOMELANDの2セット目を折角買い揃えたというのに。寂しいなぁ。

「スタンドアローンとして」つまりオフラインでも遊べるのは確かにそうですが。オンライン専用シナリオは一切遊べなくなるし、誰かが乱入してくるハプニングは無くなるし、誰かと仲良く協力しながら冒険する楽しさも無くなる・・・。オン専用といえば、ボローン、脱獄、陣取り、ドラクロ。うわぁ〜、いずれもエンデパルナの謎の一翼を担う重要なシナリオじゃないっすか。神さまに成れない、かみわざも使えない・・・。
オフのみでは魅力は半減以上。
それどころか、(オンで繰返し遊ぶために)マップや世界は単純なので、オフでは繰り返して遊ぶ事は無さそうです。

マッチングサーバーをユーザーが維持する事は出来ないのかなぁ。

| | Comments (0)

« March 2007 | Main | May 2007 »