« June 2007 | Main | August 2007 »

「貧乏歯医者」の次は「貧乏医者」

哀れ、街に溢れる「貧乏歯医者」(ファクタ) - goo ニュース:

1〜2割の診療所は繁盛しているが、残りの大半が厳しい経営環境に置かれ、医師との所得格差は年々開く一方だ。

なんで「医師との所得格差」なんて持ち出すわけ? こういう対比で持ち出すって事は、暗に「医者はまだ裕福で、優遇されている」って言いたいんでしょうか。
「医者」と「歯医者」は全く別物です。大学も違う、資格も違う、保険の使われ方も違います。医科はほとんど保険ばかりですが、歯科は混合診療が認められており自費に依る儲けが大きいのです。開業に掛かる費用の大きさも段違いです。
所得の格差を言いたいのなら、大手出版社の職員はみなさんは、医者なんかよりもはるかに高給を貰っているそうですので、是非自分達の所得と比較される記事を掲載されればよろしいのに、と思います。

厚労省の2005年医療経済実態調査などによれば、歯科開業医(1医院の平均歯科医師数は1・4人)の儲けを表す収支差額の平均値は1カ月当たり120万円程度。これを歯科医1人当たりの平均年収に直すと800万円になるが、高額所得者はほんのひと握りで、5人に1人は年収300万円に過ぎない。さらに100人中5人は申告所得がゼロ。ワーキングプアは決して誇張ではないのだ。

年収800万なら十分だと思う人がいるかもしれませんが、この数字の出し方にはいくつか問題があります。
まずは平均のトリックです。5人のうち一人が3000万で、残り3人が300万円、一人が100万円だったとしましょう。これでも平均は800万円です。だから、こういうものは最頻値を出さないと意味がない。
もう一つの問題は、見かけの収支と実質は違う、という事です。「収支差額の平均値は1カ月当たり120万円」となっていますが、別の記事ではここから技工士や看護婦などの給与の支払いや借金の返済をしているため、医師の本当の手取りはもっとずっと少ないと書かれていました。職員の給与は経費と考えれば、収支差額なら差引済みかもしれませんが。借金の返済は経費ではありませんので、返済額の分だけ手取りが減るのは間違いありません。5000万円の借金を20年で返済するなら、年250万。800−250=550万円。
そして忘れていけないのは、個人経営の場合、老後の保証などは一切無いという点です。一般のサラリーマンは、退職時にがっぽり退職金が出て、年金も貰えます。特に公務員なんかは、この「後から貰える」分がたくさんあるのです。ですが、自営業の場合にはこれらのお金は一切無くて、老後の蓄えは働いている間に自分で確保しないといけないのです。だから、単純に年収・月給を比較して多いから良いとは言えないのです。むしろ、多くて当然。

こうした歯科医の過剰と貧窮をもたらした原因は何か。いうまでもなく、理念もないまま新設・増設された歯学部(歯科大)の定員増にほかならない。

リンク先があれば読んで頂くといいが。とにかく、大学の作り過ぎ、学部新設の無秩序な許可、歯科医師が過剰になるのを知りながら放置し続けていた厚生省の罪は重い。しかし、腹立たしい事に、元凶は厚生省にあるのが明らかなのにも関らず、厚生省の役人も官僚も誰一人として責任を問われないのです。そもそも、当時の担当者が今どうしているかも分からない。きっと部所を転々と変わっているだろうから、その場限りのやっつけ仕事としか考えてない人達でしょう。

厚労省の無策ぶりは、医療の方にも迷惑を起こしています。産科や小児、救急では医者不足なのに、開業医は増える。これは、厚労省の無策が原因です。(詳細は各自で調べてな)
開業医の過剰は、歯科医師の過剰を数年遅れで追いかけてる状態と言われています。早晩、ワーキングプアの医者が世間にゴロゴロ出てきそうです。そうなれば、自然に勤務医が増える? 残念でした。勤務医から逃げるために開業するのに、それはありません。
結局、患者=国民が損をしてるんですが。みなさん、気付いてないんでしょうかね。

| | Comments (3)

ゼル伝「夢幻の砂時計」クリアー!

一気にクリアーしました。面白かった。
どこかのレビューで「ちょっと簡単」と読んだけど。いやいや、適度な難易度で、何回か死にました。でもリトライが出来るし、大抵のダンジョンは回復が充実してるので、ウンザリする事はありませんでした。赤い薬さえほとんど使用せず。・・・唯一、ラスボスの最後を除いては。(>_<)

DSゼルダの売りといえば、ペンアクション。全ての操作がペンで出来る・・・という話だったので、ずっとそうしていたのですが。ボス戦では、アイテム使用ボタンを使わないと難しいと思いました。あと「ポーズ」が無いのがツライ。思わずDSをパタンと閉じて、一息つく場面が何度かありました。
マップにメモ書きも、新しいし、とっても効果的。メモしまくり! 今回、攻略本&HPの攻略情報は全く見ずに進めました。・・・唯一、ラスボスの最後を除いては。(>_<)

ラスボスの最後は、攻略法が分からずに、ちょっとキレかかったので、攻略情報を見てしまいました。(何回も、ムービーをスキップするのも面倒になってきたし)

で。クリアーして。
とにかく、DSで風のタクトと同じ3Dゼルダが動くのが楽しい。DSってスゴイと思う。ただ、どうしても海は狭い。あっちこっちの島やダンジョンをトータルすれば、ボリュームはかなりな物なんだけど。海図の広さが世界の広さって分かっているので先が見えちゃう。携帯ゲーム機の限界かな、と思います。(確か、ゲームボーイのゼル伝も若干の物足りなさを感じた)
航海中やイベントは3Dだけど、ダンジョンなどは(高さの概念はあるものの)2Dゼルダ風です。2Dゼルダ好きとしては満足。謎解きは、すごく素直。ショートカットもちゃんと作ってあるし。安心して遊べる。
謎解きにもペンが活躍します。レビューによれば「ゼル伝常連が迷うって箇所」があるらしいのですが、私は特に迷いませんでした。ゼル伝の基本「出てきたアイテムを使う」していれば、攻略法は見つかります。

トワプリも良かった。風のタクトも良かった。これも良かった。
・・・だけど、時のオカリナ(とムジュラの仮面)は、どうしてもゲームができない。途中で酔う。評価は高いらしいんだけど。N64の3Dは雑過ぎます。DSかWiiでリメイクしてくれないかなぁ。

| | Comments (0)

モンスターペアレント撲滅大作戦

教師悲鳴「つぶされる」 理不尽な保護者らのクレーム|学校教育|教育・福祉|Sankei WEB:

モンスターにたとえられるほど理不尽な保護者らのクレーム。対応にあたる学校現場の悩みは深刻で、体調を崩す教員も出ているという。
かつて学校の先生は、保護者を呼んでしかりつけることはあっても、保護者から怒鳴られることはなかった。文科省幹部は「学校の権威が薄れ、不満をぶつけやすい場所になっている。地域ぐるみの支援が必要だ」と求めている。

以前のエントリーで、給食費を払わない馬鹿親の話を書いた。あの時は、給与の差し押さえ、という対処を提案してみた。しかし、馬鹿親の暴走はエスカレートして、給食費なんて限られた問題では無くなっていたわけだ。
声のデカイ人の無理な要求をのむと、他の人へは不公平になる。北朝鮮やテロ国家と同じ事だ。理不尽な要求には決して屈してはならない。
記事では「地域ぐるみの支援」なんて書かれているが。そんなものは生っちょろい。声のデカイクレーマーの方が目立つし、サイレントマジョリティだってクレーマーとは係りたくない。保護者同士という対等な立場で、変な言いがかりをつけられたら、それこそ市民生活に支障が生じる。教師と保護者という立場の違いを利用して対処した方がいい。
また、学校へクレーマーが徒党を組んでやってきた時にはどうするのか? クレーマーが大多数になったら、今のままでは為す術が無くなる。

そこで。またもや画期的な方法を提案する。それは・・・
内申書に、保護者の様子を詳細に記載する欄を作るのだ。PTAや保護者会への協力状況、行事への参加、給食費の支払い、学校へのクレームなどなど。
問題がある保護者を喜んで受け入れる学校はないだろうから、受験では十分考慮されるだろう。自分の(親の)行動が、子供の受験に関ってくるとなれば、さすがにどんな親でも慎重になるでしょう。それとも、受験に落ちたのは「内申書に親の不当な評価を書かれたからだ」ってクレームを付けるんだろうか。逆に、教師に媚び諂う人も出てきそうだな・・・そうだな・・・そういう可能性があるので、評価じゃなくて、事実のみを列記する形式がいいだろうね。
直接的に教師の権威を高めるわけでないけれど、手っ取り早くて効果的だと思う。

| | Comments (0)

「社保庁職員」は役立たずの証し

asahi.com:徒労感・見切り…社保庁職員、「自己都合」退職が急増 - 政治:

保険料の不正免除や年金記録のずさんな管理など不祥事続きの社会保険庁で、「自己都合」を理由に退職する職員が急増している。

「腐った組織にいると、人間まで腐ってくる」良い見本でしょう。今まで散々でたらめ、いいかげんな仕事をして、血税から高給をせしめておいて、いざ批判が集中したら途端に逃げ出す。今までの自分の仕事に対する誇りとか責任とか、無いんでしょうか? 無いんでしょうねぇ。人間のくずですわ。履歴書に「社保庁」って書いてあったら、それは役立たずの証しですので、即刻不採用にしないと。
 年金の問題は、トップだけの問題じゃないでしょう。こういった、末端の職員にふざけた奴らがいるのも一因。責任を取って、ボーナスは全額没収、当然ながら退職金も没収しないと。このまま、自己都合の退職で逃げ切りなんて許せない!!

| | Comments (0)

« June 2007 | Main | August 2007 »