« September 2007 | Main | January 2008 »

もうI-O DATAは買わねえ〜!

 どうしてもフロッピーを使う必要があって、フロッピードライブを買いに行ったんですよ。近所のヤマダ電機に。一時、フロッピードライブなんて捨て値で売ってたような気もするんですが、最近は出荷数が少ないためか、逆にいい値段になってて、どこのメーカーのでも最安モデルは同じ値段で約4000円。2倍速だと6000円もする。USBバスパワーや、薄さ、対応してるディスクなど基本的な性能については、どこもほぼ同じ。Windows&Macintosh両対応なのも同じ。
 あとは、USBブート可能かどうかと、キーディスク対応かどうかの違い、なんだけど。どっちも私としては関係ない。関係ないから、Windows Vista対応!ってシールが貼ってある=新しそうな「USB-FDX1」ってのを買ってきたんですよ。これも、WinとMacの両対応で、ドライバも不要って書いてあるから。
 ・・・・・・そこに潜むに気づかずに・・・・・・

 家に帰って箱を開けて、「はじめにお読みください」の動作環境を見て、凍り付きました。「USB-FDX1はMac OS 10.4に対応しておりません。」・・・って、おい!!!! 買っちまったよ! それは、箱の外に書くべきじゃないか?! Vista対応ってシール貼るくらいなら、「USB-FDX1はMac OS 10.4に対応しておりません。」ってシールも貼っといてくれよ! まさか、(Leopardが発売された今となっては)一世代前のOSにさえ対応してないなんて、思いもよらないんだから! Tigerが発売されてから2年間以上、この対応してないフロッピードライブを売り続けてたって事?! その間に、間違えて買っちゃった人は居なかったのか?

 ま、そこで改めてI-O DATAのホームページを見たら、やっぱり「USB-FDX1はMac OS 10.4に対応しておりません。」ってなってます。ですが、同じ値段で、同じ型番で、色違いの黒いモデル(USB-FDX1BK)は、10.4にも10.5にも対応してるんですよ。その違いは何? というか、性能が(対応機種が)違う物を同じ型番で売るなよ、っていうか。黒の方が対応機種が広いなら、黒じゃない方を廃盤にしろよ、って思う訳です。
 ちなみに、ヤマダ電機には、黒のモデルなんて無くて、「USB-FDX1」しか置いてなかったので、選択の余地は無かったわけですが。もしも黒のモデルが有って、黒の箱には「10.4対応」、白の箱には「〜10.3」って書いてあれば、そりゃ黒を買ったよ。そういう意味では、ヤマダ電機の商品ラインナップも悪い。賞味期限切れの商品を売ってるようなもんだ。

 ま、逆に言えば、(Tigerが終わりを告げた)この時期になってもまだ「10.1〜10.3」としか書かれていない事に、疑問を持たなかった私も悪いわけだが。まさかこの時期に、一世代前のOSにさえ対応...(以下、最初に戻る)

 気を取り直して、MacBook(当然、10.4 Tigerです)に、繋いでみました。どうなるのか? と、焦りと怒りを堪えつつ観察したら・・・なんか、NECのドライブとして認識されて、ちゃんとフロッピーの中身が見えてしまいました。コピーはしてないんで、ちゃんと読み書き出来るのかは不明。しかも、読み込ませたフロッピーは、ちょっと特殊な用途(WindowsでもMacでもない。むしろLinux)のディスクなので、その内容が正しいかどうかも分からない。幸い、Windows機も持ってるので、特殊な用途については、(公式に対応してる)Windowsマシンでやることにします。
 一方、個人的な用途としては、ふるーいMacのフロッピーのバックアップを取りたいと思ってたんだけど。それには使えないかなー。
ショボーン━━(´・ω・`)━━
 でも、10.4にアップグレードせずに10.3のままのマシンも残ってたと思うので、そのマシンで作業するかなー。

 ともあれ。こんな感じで失望させられたので。もうI-O DATAの物は買わないと思います。素直にLogitecのにしておけば良かったー! 迷ったんだよなー。

| | Comments (0)

« September 2007 | Main | January 2008 »