« March 2008 | Main | July 2008 »

祝☆珊瑚記念日20周年

         ,.,,..,、、.,,、、..,_,.,,..,、、.,,、、..,_
       ´:..`.:‐'`.゙ヾ:`.:`.:`.:`.:`.ヾ゙: `.: ''.`.:..`.:;.`.:`
    ´.: ,. `.::`___:;.:.:.:..____:`.::゚゙:::_ ''. ''. ''.`:.;:.;:..゙ヾ:.`.:.゙゙:`
   ´,..`.::: '.`::.| |゚、. .:.::く\゙::_ `..゙/^>':'.`.;.;;.;.;;.;.;;..:`
  ´: ..: ''.`.,:. :.| |: `.`.`.:.. : ' ''.`.:_;. ''..:.;.;;..:`
 ´;: ..: ,:. :.',: ' .|   く''.`.::_`.:`.:;.`.\ /`..:`.ヾ゙:`.:;.`.:.:.:`
 ´;: ...: ,:. ''.: '゙゙|  |.\ \..:',.'...:..: :.|  |`.゚゙:'.`.:;.`.:.`.`
 `;: ...: '.`.,:. ''|____|...゚\/''.`..:.: :.゚、.:|____|' :.゚ヾ、.,:. :.:,:..、゚ .;`
 `: ...: ,: '. ゚゚ ''.`.:.:.、゚`:`. :`.'.`..:',.: .::_.:''`゙゚ .::_''`.: ''.`.: .`
 `: ''.`.:`.:..`.:‐'ヾ゙`.:`.:`ヾ゚Д.ヾ゙`.:`.: `.: ''.`.:`.`.:`
   `:`.:..`.:‐'Copyright 1989.4.20 AsahiShimbun.`


祝☆珊瑚記念日20周年

Continue reading "祝☆珊瑚記念日20周年"

| | Comments (0)

後期高齢者制度混乱・・・何を今さら!!

後期高齢者制度混乱…自民党からも批判続出(産経新聞) - Yahoo!ニュース:

 75歳以上が対象の後期高齢者医療制度(長寿医療制度)をめぐり、高齢者から苦情が相次いでいることについて、15日の自民党社会保障制度調査会の勉強会でも、制度の周知不足や保険証の大量未着など混乱を招いた厚生労働省の不手際に批判が集中した。

ま、このニュース自体はどうでも良いんだけど。他のニュースによれば、早速、年金からの天引きで手違いがあったとか。まったく以て、手際が悪いですなぁ。

でね、この「後期高齢者」って。最近になって急にいろいろ取り上げられてる感があるけど。実は、5年も前から使われてたんですよ。知ってました? 丁度今、その頃の雑誌を処分してるんですけど、ちゃんと雑誌のタイトルとかに載ってますもん。ということは、考案されたのはさらに昔って事ですわ。
後期高齢者医療制度が小泉改悪の置き土産なのは、もう周知の事と思いますが。後期高齢者って言葉は以前からあって、今年の4月にスタートする事に、もう小泉時代に決めちゃってたわけですよ。ええ、郵政だなんだと言ってる裏で、数の力でこんな制度を押し通しちゃってたんです。だから、これはその当時、小泉・自民党に投票した人達の責任なんですが。ま、それはさておき。とにかく、スタートするのはもう随分前に決まってた訳です。
で、今日、問題にするのは。そうやってスタートするのが随分昔に決まってたのに、つまり、準備するのに十分過ぎるほどの期間があったはずなのに!!!なんで、今になってこんなに混乱してるんですか?ってところです。まったく。厚労省や官僚の無能さに呆れます。彼らは、自分の天下りの事しか考えてないから、こんなことになるんです。もうね、この制度の立ち上げにかかわった官僚達を打ち首獄門お家断絶私財没収にしないとダメっすよ。

次期衆院選への悪影響を心配したのか、出席者からは不満が続出。「支持者から毎日おしかりの声が届いているが、厚労省が説明していることは本当なのか」(平沢勝栄氏)

その一方で。↑なんすか、この政治家。結局、政治家ってのは、自分の尻に火が点かないと、本気になって(有権者の為には)動かないって事ですね。
こんな政治家もいらない。

| | Comments (0)

医療崩壊の順番

<国立がんセンター>麻酔医が相次ぎ退職 手術にも支障(毎日新聞) - Yahoo!ニュース:

国立がんセンター中央病院(東京都中央区、土屋了介院長、病床数600)で、10人いた常勤麻酔医のうち5人が昨年末から先月までに相次いで退職し、1日の手術件数が2割減る異常事態になった。より待遇の良い病院への転籍などが退職理由で、「がん制圧のための中核機関」を理念に掲げる日本のがん治療の“総本山”に、全国的な医師不足が波及した形だ。

あれだけ医療崩壊が叫ばれてたのに、まだ診療報酬を下げようとするんだもん。そりゃ、救命の余地は無いよ。この10年診療報酬を下げる方針を進めてる人達に責任を取らせるなら、全員を縛り首にしないとね。

小児科、産科、救急ときて、今度は麻酔科でした。この次に続くのは・・・脳外科、心臓外科のように、リスクが高い外科系の科でしょう。その次に、心カテなどでリスクが高い循環器内科。つまり、死と隣り合わせになる分野ほど、医者がいなくなり、治療が受け難くなると考えられます。

| | Comments (0)

後期高齢者→長寿に

asahi.com:首相「ネーミングよくない」 後期高齢者→長寿に - 暮らし:

「ネーミングがよくないんじゃないか」——。1日に始まった75歳以上が対象の「後期高齢者医療制度」の名称に、福田首相が注文をつけた。首相に指摘され、舛添厚生労働相は通称を「長寿医療制度」とすることを急きょ決めた。

なにをいまさら!

今まで散々、『後期高齢者』なんて「もう人生終わりだろ?」みたいな呼び方をしておいて! 年金からの保険料の天引きする一方で、自由に医療機関を選べなくして、早く死ねと言わんばかり。高齢者の方はよく分かっていて、この制度は「姨捨山だね」って言ってます。
それを、看板だけ「長寿」なんて聞こえの良い言葉に掛け替えても、もう制度の本質はバレてます。

およそこの10年、政府・厚労省によって、公的医療の縮小、「医者剥がし」が粛々と行われてきました。もちろん、政府がそれを公に認めるはずも無く、改定の概要ではあたかも「国民の医療向上に役立つ改定である」かの様に書かれていました。しかし、改定の中身をみれば、決して医療を良くするものでは無く、昨今の小児・救急・産婦人科の崩壊からしても、実際に医療の荒廃が進んだのは誰の目にも明らかです。
それでも昔は、「まさか政府が国民を見殺しにするような事は無いだろう」と一般の人に錯覚させるくらいには成功してたんですけどねぇ。今回の「後期高齢者」に至っては、もうそろそろ騙しも利かなくなってきた、ってところでしょう。

同じく平成20年4月1日から始まる事になっていた「特定健診」も「長寿健診」に名称変更するかも?! なんという迷走っぷり・・・。まあ、制度そのものが、枠だけ決まって、中身がちっとも決まらないので、一向に始まる気配はありませんが。
世間的には「メタボ健診」の方が名が通ってます。「メタボ利権」という言葉も出始めています。もう、まともな日本で医療を求めるのは無理かもしれません。

| | Comments (0)

« March 2008 | Main | July 2008 »