« September 2008 | Main | November 2008 »

インターネットの掲示板

インターネットには、いろんな掲示板がある。今回話題にする「いろんな」というのは、扱ってる内容のことではなくて、掲示板システムの方の話。今や、サイトの数だけ掲示板システムの種類が有る。でも、そのいずれもが、正直言って使い難い。

まずはSlashdot-Japan。さすがIT系の掲示板だけあって、工夫されている。モデレーションで不快な発言が表示されなくなるのは良いし、相性が悪い人を「敵」に指定できるのも良い。ユーザー毎に表示形式を選べるのも良い。私は、返事が字下げで表示されて、しかも全部が一度に表示される「ネスト」を選んでいます。返事の流れが分かりやすいのがメリット。だけど、ネストの処理が不完全で、ネストが深くなるとネスト表示されなくなってしまう(同じ並びになってしまう)ので、コメントの関係が分からなくなってしまう。もう一つ、重要な欠点としては、未読管理が全く無い。

星の数ほど有る画像&掲示板サイトは、(それこそ色々種類有るけど)画像の投稿には便利でも、コメントの投稿や観覧性は良くない。面白いのは、画像にコメントが付くと上がってくるタイプと、順番は変わらないタイプがあること。前者なら最新のコメントを見逃し難いが、時系列的には分かりにくいし、見たいのは画像なのであんまり意味が無い。

最近Yahoo!Japanのニュースの一部で、ニュースにコメントを入れられるようになってます。さらに、コメントにポイントを付けられる。日常的な話題ってその日のニュースから始まる事が多いので、この仕組みは悪くないと思う。良い発言は上に、悪い発言は下に落とされる、という仕組みも良い。だけど残念なのは、最初のページに載るのは10件程度だから、初期にポイントを稼いだコメントは目に付く→ますますポイントが付く、次ページ移行の新しい発言は目に付かない→ポイントが増えず埋もれたまま、というパターンになる事。発言の順番がぐちゃぐちゃに変わってるので、返信の流れが分からない。

mixiの掲示板は、今までで最悪。

• スレを立てる場所がコミュと個人でバラバラ。そもそも、似たようなコミュが乱立して混沌としてる。
• せっかく記名性なのに、拒否/NG機能が無い。返事の評価機能も無い。
• 返事のアンカーは書き手任せ。アンカーから元コメントを参照できない。
• 自分のアカウントでログインしてるのに、未読管理機能が無い。まとめ読み機能も無い。
• コメントの表示が1ページで20件程度に制限されているが、流れを見るには少ないくせに、画面に収まらずスクロールが必要という、中途半端な長さ。

不満は、もっとありそうだ。

対極(?)の2ちゃんねるはどうか?というと、webでのアクセスは他のと同様に使い難い。だけど、2ちゃんねるブラウザを使うと一変する。

• スレを立てる場所は、大別された「板」の中に決められている。似たようなスレが乱立しないように、運営側も見てるんだろうが、ユーザーが自治的/自立的に気をつけている。「板違い、スレ違い、重複」などと注意される。
• 2ちゃんは無記名だが、IDやハンドル、各種キーワードで不快な(人の)発言を非表示に出来る。
• 決まった形でアンカーを書けば、レスポップアップで元コメントを参照できる。
• どのスレも未読管理されてる。お気に入り登録したスレは、最新書き込みのまとめ読みも出来る。
• 未読→最新までは一続き、既読のページは50件程度が表示される。変更も出来る。

と、mixiでの不満は、2ちゃんブラウザには無い。

Continue reading "インターネットの掲示板"

| | Comments (0)

太古のMac雑誌5

まだあった。MacLifeとMacPower。倉庫の段ボールに眠ってました。発刊時期は不明。というか、まだ段ボールから出してない。でもおそらく、1990年頃だと思う。だって、その時期しか、Mac系の雑誌って買ってないもの。いろいろな雑誌があったんだなぁ。よく買ってたなぁ。そのほとんどが休刊になって・・・あ、MacPowerは休刊→復刊したらしい。

Continue reading "太古のMac雑誌5"

| | Comments (0)

太古のMac(PC)雑誌4

いよいよ処分の対象が古くなってきました。「マイコンBASICマガジン」いわゆる「ベーマガ」です。うちにあるのは、1982年のマイコン別冊のもの1冊と、創刊号〜1984年まででした。
私が持っていたポケコンやPC-8001mkIIには市販の(ゲーム)ソフトなんて無かったので、「ベーマガ」に載ってるリストを打ち込んだり、他機種のゲームを移植して遊んでいたような気がします。
興味深いのは、(というか、雑誌を購入してた頃には気付かなかったけど)こうして数年分をまとめて見直すと、表紙に載ってるゲームの画面が、最初は簡素な文字のキャラクターだったものが、月を経る毎にどんどんカラー→グラフィックへ派手になってるんですよ。つまり、作って投稿してる人達のレベルも日進月歩だったんだなぁ。
それと、「追いつけ追いこせ!appleのSuperSoft」という企画で、毎号、AppleIIのゲームが一つずつ紹介されているのですが。いやぁ〜、すごい。同じ号の日本のパソコン向けの商用ゲームと比較しても段違い。今見ても、綺麗で楽しそう。というか、日本の商用ゲームがしょぼ過ぎる。圧倒的な差があったんだなぁ、と改めて分かります。

Continue reading "太古のMac(PC)雑誌4"

| | Comments (0)

太古のMac雑誌3

他にも、いろいろな古いMac雑誌があるわけですが。何故か1994年のが最後みたいです。それも、Macintosh誕生10年の記念の特集とか、「マッキントッシュ伝説」みたいに歴史がまとめられてる物が残ってます。まあ、気持ちは分かります。「自分が使ってきた歴史=Macの歴史」ですし。何より、Appleの創成って、ドラマチックなんですよね。
でも、1994年って、今から振り返ると、まだまだドラマの序章でしかない(笑)。だって、ジョブスはAppleを追い出されたままで、NeXTを作ってる最中だし。MacintoshはこれからようやくPowerPCへの移行をしようって段階ですから。
この後、ジョブスがAppleに復帰して、iMacで大成功を収めて、NeXTをベースにした物がMacOS Xになって、intelのCPUへ移行するなんて・・・1994年当時に予想するなんて不可能!

Continue reading "太古のMac雑誌3"

| | Comments (0)

太古のMac雑誌2

引き続き、古い雑誌を(読み返しつつ)処分してるわけですが。
PCマガジンは、さくっと処分。一応見直したけど、つくづくPC-8001mkIIってまともなソフトが無かったなー、と思った。ワープロは意外にたくさん(記事によると10種近く)あったようだけれど、オプションの漢字ROMは必要だし(買ったけど)、解像度が低いため漢字がでかいし、単漢字変換しかなさそうでとても使えたもんじゃない。ゲームなんて数える程しかない。つーか、無い。ソフトの売上ランキングで、他の機種には次々ゲームが出ているのを見て、本当に羨ましかった。
なんでお父さんはPC-8001mkIIを買ったのかねぇ? お金が無かったわけでもあるまいに。いや、むしろ、お金は充分にあったはず。それとも、開業したばっかで、厳しかったのかな? 今となっては分からないが。あの時、PC-8801かPC-9801を買ってたら、私の人生は全く違ってたと思うよ。Macを使うようにならず、NECにどっぷり浸かってるかもしれない。
そうそう、思えば昔PC-8001mkIIを夕方遅くまでお父さんの書斎で使っていた、まさに同じ場所・同じ机で、今こうして文章を作っている。使っているのは、Macだけど。

Continue reading "太古のMac雑誌2"

| | Comments (0)

太古のMac雑誌

今まで、「自分の部屋」があるのを良い事に、中学・高校〜大学のプリントを初め、過去に自分が買った雑誌までほとんどすべて残してきました。「自分の部屋」といっても、大学から外に出ていたので、その部屋では生活しておらず、(他の家族の荷物も運び込まれて)納戸状態になっていたわけですが。私は父の書斎へ移動し、元の自分の部屋を下の子供に明け渡す時期が近づいてきました。そうすると、倉庫や押入れに詰め込んだ私の荷物、古い雑誌類をこれ以上置く場所は無く、処分する必要が出てきたのです。
特にコンピュータ系の雑誌は思い入れがあるから残してきたものばかりで、ほいほいと捨てれるはずも無く。最後にざっと目を通しながら・・・束ねています。だから、作業がなかなか進みません。

Continue reading "太古のMac雑誌"

| | Comments (0)

« September 2008 | Main | November 2008 »