« LANDISKの共有ができたー! | Main | EyeTVって便利過ぎる »

WindowShadeXがLeopardに正式対応してた

WindowShadeは、Pantherを本格的に使い始めた頃から、すぐにシェアウェアフィーを払って、ずっと愛用してます。Leopardにはなかなか対応できなかったようです。でも、私がLeopardへ移行したのはずっと後だったので、β版で暫定的に対応してました。そのβ版のまま、特に不具合無く使っていました。

今日、何気なくCheck for updateをしたら、なんとβの取れた正式リリースのWindowShasde4.2が配布されてました! どうも、去年の9月頃にはリリースしてたらしい。以前の機能から一部削除されてるみたいだけど、私が使ってない機能だと思うので問題なし。むしろ、Leopardでの動作を保証してくれただけで嬉しい。

本当に不思議なのは、WindowShadeって、一時は(MacOS 9の頃は)システムの標準にも組み込まれていたもの。それがOS Xになって削られて、未だに復活していない。シェアウェアで実現されてるんだから、システムに組み込んで欲しい。WindowsでもLinuxでも今や標準で採用されてるのに、本家のMacで標準じゃ無いっておかしいよ。

|

« LANDISKの共有ができたー! | Main | EyeTVって便利過ぎる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« LANDISKの共有ができたー! | Main | EyeTVって便利過ぎる »