« January 2009 | Main | April 2009 »

ブラックカード ...?

小さな黒い小箱が届きました。中には、黒いカードと、「特別なあなたへ」というメッセージ・・・

こっ、これが噂のブラックカード?!

 

 

 

Continue reading "ブラックカード ...?"

| | Comments (0)

公務員給与適正化計画

簡単。

一律30%オフ。

以上。

| | Comments (0)

生活過保護

昨今の不況で、解雇された、仕事が無い、求人も倍率が高くて通らない、働きたくても働けない状況。そのため、生活保護の申請が増えているらしい。

ですが、生活保護を扱ったニュースで一番問題を感じたのは、「低賃金でも真面目に働いている人が、税金やら年金やらを引かれると、生活保護を受けるよりも手取りが減ってしまう」というものでした。いわゆる「働いたら負け」状態。これはいかんでしょう。働く意欲が削がれます。

派遣村の人達に生活保護の受給が決まったニュースを聞いた時にも思ったのですが、「この人達、働かなくても生活できるだけのお金を貰って、今後働くつもりになるだろうか?」ってこと。元々派遣で働いていたんだから、働く能力はあるはずです。だけど、仕事が無くなったから、生活が出来なくなった。それに対して、仕事が見つかるまでの期間を補助するのが名目でしょうけど、下手に働くよりも多くのお金が生活保護で貰えるとしたら誰も働かないですよ。

生活保護の話で必ず出てくるのが、日本国憲法の第25条です。

第25条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

憲法で決まってるなら保障されて当然か・・・と思っていましたが。どこかの掲示板で、「第25条を振りかざすヤツには、第27条を読めと言いたい」って書かれていました。

第27条 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。

なるほど。普段、憲法なんて見ないんで忘れてますけど、勤労の義務があったんですね。言われてみれば当然か。「義務があって、権利がある」。権利だけを主張しても通らないし、

第12条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

濫用してもダメだって憲法に書かれている。

そうして考えると、生活保護で、働くよりも楽にたくさんのお金が貰える仕組みは、良くないと言えるでしょう。「勤労の義務を全うすると、最低限の生活も保障される。」まずはここからスタートしないと。手取りが生活保護よりも下回る場合には税金や年金が免除されるとか、医療費が免除とかの措置も有効だと思います。

逆に、働けない人への保障にはしかるべきハードルが必要。それは期間だったり、額の限度だったり、審査の内容だったり、条件によって色々考えられるけど。とにかく、安易な支給は税金の無駄遣いでしかない。

Continue reading "生活過保護"

| | Comments (0)

幸せのかたちは??

先日、 ウィル・スミスが主演の「幸せのちから」って映画を見た。「貧乏でも、父と子の愛情で乗り越えていく」って内容かと思ったら。ひたすら貧乏の悲惨さを描くだけで、証券会社に就職し、最後に「巨万の富を得た」で終りって・・・おいおい。その時点で映画のタイトルを「幸せのかたち」って間違えてたんで、「幸せのかたち=お金かよ!」ってツッコミを入れてました。

というか、自力でルービックキューブが解けたり、研修の試験が抜群だったり、そもそも得体のしれない医療機器を売り歩くバイタリティとか、最初から普通の人じゃないんですよ。医療機器だって売り切ったと言う事は、損した訳じゃないでしょう。途中、医療機器を修理してましたけど、それも大した才能ですよ。あれだったら、子供は一旦嫁に預けて、仕事(証券会社の研修)に打ち込んで、儲かってから家族3人で暮した方が幸せなんじゃないの?って思った。

Continue reading "幸せのかたちは??"

| | Comments (0)

素人の歌だと思った

初音ミクが歌った動画がキッカケで、各地の卒業式で歌われる事になったと話題の「桜ノ雨」。ニコニコで見た。学生時代の想い出に繋がるフレーズが詰まっていて、素人の歌としてはまずまずかな、と思ったのですが。
いろいろ調べると、どうも素人では無いらしい。動画の質は高く、どうやら、「素人からのサクセスストーリー」を装って、ネットからプロモーションを仕掛けた感じだ。プロの作品としてみると、評価は全く変わる。正直、お粗末。今まで売れなかった理由がよく分かる。ポイントを取り合えず3つ挙げると
  1. サビの盛り上がりが弱い
  2. 陳腐な詩
  3. 削ぎ落とし切れてない


Continue reading "素人の歌だと思った"

| | Comments (0)

« January 2009 | Main | April 2009 »