« Leopard, SnowLeopardの写真共有はいまいちスマートじゃない | Main | ほぼ1年ぶり »

AirPlayやってみた

AirMacExpressは無線LANのアクセスポイントとして前から持っていたけど。家の中に有線のLANを敷設したので、必要性はほとんど無くなってしまった。一方、昔はLinuxマシンに接続してたスピーカーが余ってた。USB接続では無く、ステレオミニジャックタイプのやつ。となれば、試してみるべきでしょう『AirPlay』! いや、もっと前から試したかったんですが、小型とはいえ(邪魔な)スピーカーを置くと、また誰かの小言が……。

AirMacExpressは寝室に置いてあってすでに稼働しているのだから、やることは簡単。スピーカーのミニジャックをAirMacExpressに差し込むだけ。そして、書斎のMacBookの出力先をAirMacExpressにして音楽を再生すると……おお! 寝室の方から音が聞こえてくる!(←当たり前、それがAirPlay)これで、寝室でも(書斎と居間のMacに入ってる)iTunesの音楽が楽しめる!

しかしですよ、選曲の度に書斎や居間へ走るのは、なんとも不便極まりない。ありえない。そこで出番なのが、iPhoneアプリのRemoteです。今まで、入れてはあったけど、ほとんど役に立ってなかったアプリですが。はたして面目躍如なるか?

Remoteでライブラリを選ぶと、現在演奏中の曲の情報が出る。あたかもiPodで再生されているみたいに。これは書斎のMacBookからストリーミングされているもの。曲の変更はもとより、音量の調節まで出来る。素晴らしい。

一旦再生を停める。Romoteの設定でライブラリを居間のMacに切り替える。そして、出力先を寝室のAirMacExpressにして再生すると……今度は居間のMacにしか入ってない曲が流れてきた! 当然のことながら、寝室からは一歩も出ていない。完全にリモート操作で居間のiTunesの曲を選んでいる。つまり寝室に居ながらにして、書斎のでも居間のでもどちらのMacの曲でも選んで聴けるわけですよ。操作はiPhoneからできるけど、ストリーミングの送受信には関わっていないので、iPhoneの負担は無し。

最大の問題は、寝室で音楽を聴く機会がどれだけあるか?って事なんですよね。(^^;

|

« Leopard, SnowLeopardの写真共有はいまいちスマートじゃない | Main | ほぼ1年ぶり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Leopard, SnowLeopardの写真共有はいまいちスマートじゃない | Main | ほぼ1年ぶり »