« ほぼ1年ぶり | Main | MacBook ProでMountainLionデビュー »

Macで変体仮名を使うための方法を拾い集めた

不思議な文字の名前を見つけた。公的な書類では、きちんとしたフォントで印刷されていた。ならば、Unicodeを扱うMacなら出せそうなものだと、IMで異字体を探すが……出ない。文字パレットから検索しても全くそれらしい文字が無い。調べたところ、どうやらただの歴史的仮名遣や旧字体では無く、「変体仮名」という文字らしい。Unicodeにはわずか1文字しか割り振られていない。どうやら、専用のフォントや外字が必要らしい、ということが判った。

完璧に扱うためには、たぶんTRONが必要っぽい(TRONコードなら、きちんと割り当てられている)。しかし、欲しいのは変体仮名の部分だけなので、もうちょっと簡単な方法が他に無いか?ってことで、探してみた。

林檎な歯医者:変体仮名」で紹介されているサイトはすでに存在しない。でも、Webarchiveで「あさラボ: MACで変体仮名を使用する」を呼び出す事は出来た。しかし、その先のWeb図書館もURLを変更していて、変体仮名のフォントをダウンロード出来るのは、Web図書館 電子図書館「里実文庫」 のページの、 kana_m05.ttf または kana_m20.ttf となる。このフォントは潔くて、変体仮名の数文字しか収録されておらず、インストールすると自身のフォント名さえ表示出来ない。フォントメニューの空欄が、この変体仮名のフォントってことになる。従って使い方としては、まずは通常のフォントで入力し、変体仮名に該当する文字だけフォントを変更するしかない。

文字を画像として使っても良いなら、Koin変体仮名の方が書体は綺麗だと思う。Windowsならば既存のフォントと組み合わせて『外字』として使えるらしい。Macにはフォントを組み合わせる仕組みは無いので、そのような手法は無理。でも、配布されてるフォントにはepsファイル(アウトラインデータ)が同梱されているので、1文字ずつ画像として切り貼りする事は出来るなら、(非常に面倒だけれど)綺麗な書体を扱える。

|

« ほぼ1年ぶり | Main | MacBook ProでMountainLionデビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ほぼ1年ぶり | Main | MacBook ProでMountainLionデビュー »