« October 2012 | Main | January 2014 »

MacMiniの開腹とメモリー増設

CoreDuo(1.66GHz)だから、たぶんLate 2006だと思う。どういう経過で購入して、当初どこで使っていたのかも思い出せないが。とにかくハードディスクが60Gしかなくて、家庭用として写真を溜め込むには全く足りない(ちなみに、居間のMacMiniは320G積んでるけど、それでも最近ギリギリになってきた)。メモリーは1G入ってたので、なんとかSnowLeopard化はできて、Leopardと比べて意外と軽いので使えそうな気がするけど、それでもギリギリには違いない。

いろんな意味で限界だって事はかなり以前から分かっていて、入れ替え用のハードディスクとか、開腹用のヘラとか、MacBookのメモリーを2G→4Gにした時に余ったメモリーとか、全部準備はしてあった。伝票を見ると、どうやら2009年頃には買い集めていたらしい。でも、Leopardのまま、メールサーバー(だけ)として動かしてたので、分解して動かなくなったら困る。「動いているものは触るな」の原則に従って、放置していた。

この度、居間のMacMiniをMountainLionサーバー化して、このMacMiniはめでたくフリーになったので、心置きなく弄れることになった。

開腹の手順については、ネットのあちこちに……あったんだけど、最近はむしろ消えてる情報も有る。印刷もしてあったけど、本文がはみ出して読めないところがあったりして、なんでちゃんと確認しておかなかったのかと今更ながら悔やまれる。まあ、悔やんでいても仕方ない。今までに何度もイメージトレーニングをしていた手順で、作業を始める事にした。

結局、開腹するのに苦労した。ヘラで持ち上げるのは無理で、どこかのサイトで「背面を持ち上げるのがポイント」って書いてあったのが参考になった。ファンのコントローラや無線LANのコネクタを外して、光学ユニットを外し、基盤が露出したところでメモリーを512×2枚→1G×2枚に交換。ここまでにかなりの時間が経っていたし、初めての開腹ってことで、今日はメモリー交換だけ。カバーを戻す前に、一応起動を確認した。全部の作業を終わらすのに、約3時間掛かった。

今のところ不具合は無いみたい。Webの観覧も心なしかさらに軽くなったようだし。GarageBandのような重いアプリも動く。これなら十分使えそう。ただ、250GのHDDを交換用に準備してるけど、そもそも用途が無い。子供のおもちゃにするなら、まだ40Gも空いてるので十分。このまま使い続けてしまいそう。

| | Comments (0)

MacBook ProでMountainLionデビュー

ポリカのMacBookが不調になった。どうやらシステムファイルが壊れたっぽい。SnowLeopardをクリーンインストールすれば直るかもしれないけど、保証は無いし、データをロストするリスクは最小限にしたい。

ということで、新しくMacBookを買ってしまって、確実に必要なものを移植。その上で、ポリカMacBookを修復する方針とした。副次的に、MountainLionへの移行も果たされる、というわけだ。

RetinaのMacBookは大変に魅力的だったが…… 値段が高いのと、周辺機器へのインターフェースが新し過ぎて、うちでは互換性に問題ありそう。なので、安い方のMacBookにした。すでに使い始めているけど、これで全く問題ない。むしろ、違和感なくすんなりと移行できてる。

ポリカMacBookが不調だったので、移行アシスタントでアカウントを全部移すのは止めた。ライブラリの不要なファイルを持ってこないのも目的。でも、単なるファイルコピーでは、iPhoneの紐付が外れると困るので……OneToOneのサービスで、その辺りのデータ移行はお願いした。そのついでに、iPhoneとiCloudにまつわる設定の疑問点を、ここぞとばかりに質問しまくり。0から始めるなら失うものは何も無いけど、うちのように過去から引き継いだメアドとかいろいろあると、聞いた方が早くて確実。

MacMiniにMagicTrackpadを接続してLionで使ってたので、ジェスチャーとかはそれなりに知ってた。しかし、MountainLionでまた若干変更があった? なんか、いろいろ変わってる気がする。MagicTrackpadは膝の上で使うためにタップでクリックを有効にしていたり、3本指でドラッグにしてた。けど、それだと色々支障がある。(ドラッグの暴発とか)なので、MacBookでは標準のままで使う事にした。

MountainLionにして、全画面表示が使いやすくなった気がする。さらに、3本指スワイプでアプリを移動するのが快適。ミッションコントロールも良い感じ。すでに多くのアプリが対応してるので、困る事は無さそう。あ、でも、VMWareFusionの古いのが対応してない(起動しない)のは困るかも。買い直しかぁ。

| | Comments (1)

« October 2012 | Main | January 2014 »